AngelPrimeが、インドのIoT企業Nimble Wirelessに50万米ドルを出資

by e27 e27 on 2015.3.1

seed-funding-640x360

  • Nimbleの製品は、運輸・物流、情報通信インフラ、グリーンエネルギー、医療・健康など、複数の業界に対応している。
  • 資金は新しい技術の開発、研究開発部門の拡大、そしてマーケティングに使われる予定だ。
  • Twitterは最近、AngelPrimeのポートフォリオ企業であるZipDialを買収した。
  • これはAngelPrimeにとって、IoT分野への初めての投資である。

バンガロールに拠点を置き、シードステージを対象としたベンチャーキャピタルファンドのAngelPrimeが、インドとアメリカに拠点を置くNimble Wirelessに50万米ドル出資した。Nimble WirelessはIoT(モノのインターネット)とM2M(マシーンツーマシーン)の技術に特化した企業である。

Nimble Wirelessは、今回調達した資金をさらなる成長に向けて新技術の開発、研究開発能力の拡充、マーケティングに使う予定だ。

2007年にSiva Sivakumar氏とNaveen Sabhapathy氏によって設立されたNimbleは、顧客が離れた場所にある資産にワイヤレスで接続し、その操作・管理をサポートしている。Nimbleが提供するのはM2Mシステム、接続対応ワイヤレス機器、クラウドベースのソフトウェアで、それらはセルラー方式、GPS、Bluetooth、Zigbeeの各技術に対応している。

Nimbleは非常に重要な産業用資産をクラウドに接続し、ワイヤレスセンサーを通してモニタリング、制御、その資産を管理する情報を収集している。同社は運輸、物流分野に使用される複数の車両、情報通信インフラ、グリーンエネルギー、ヘルスケア産業向けを対象にカスタマイズしたM2M/IoT製品を提供している。

「弊社は既に売上を計上し、利益を出しています。インドとアメリカで約100社の顧客を獲得しました。現在インドの低温倉庫の分野とアメリカの資産管理スペースの分野で非常に大きな成長機会を見出しています。この資金は現地の市場を開拓する助けとなります」とNimbleの共同設立者兼CEOのSivakumar氏はe27に語った。

「私たちはインドのIoT分野の企業に非常に大きな可能性を感じています。Nimble Wirelessはこの2年で飛躍的に成長している企業で、強いリーダーシップを持っています。チェンナイではテック系スタートアップの分野で相当数の起業家が出てきており、私たちは近い将来、さらに多くのスタートアップに積極的に投資しようと考えています」とAngelPrimeの業務執行役員であるShripati Acharya氏は述べた。

AngelPrimeはシリアルアントレプレナーのBala Parthasarathy氏、Sanjay Swamy氏及びAcharya氏たちが設立したバンガロール拠点のシードファンド兼インキュベーターである。このファンドはつい最近、前MakeMyTripのシニアエグゼクティブであったAmit Somani氏を同社のパートナーとして迎え入れた。AngelPrimeはZipDial(Twitterにより買収)、Ezetap、Smart Owner、Synup及びHackerEarthを含む約6社に投資をしている。

【via e27】 @E27sg
【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------