3200万ドルの資金調達を行ったBeaconマーケティングスタートアップのSwirl、その株主の顔ぶれの中にTwitterも参加している

by Eguchi Shintaro Eguchi Shintaro on 2015.4.25

Swirl

<ピックアップ>Twitter Invests in Beacon Marketing Startup Swirl |

Beaconを使った位置情報に紐づくマーケティング支援を行う、ボストンを拠点に活動するスタートアップのSwirl。先日総額3,200万ドルを資金調達を行ったのですが、そのなかにTwitterも出資をしていた、ということが明らかになりました。

Twitterの投資部門であるTwitter Venturesは1800万ドルを出資していたとし、他にHearst VenturesやSoftBank Capitalなどが投資を行っているという。

Beaconを使ったマーケティングにTwitterが興味を持っているということは、今後の展開として位置情報と紐付いたサービスを展開していく足がかりにしていくのかもしれません。

Twitterと言えば、ライブ配信サービスのPeriscopeや投稿まとめサービスのCuratorなど、新サービスも立て続けにリリースしています。また、Twitterはここ最近積極的な投資を行い始めており、以前にはAndroidOSなどを開発するCyanogenに3月に投資をしたばかり。Twitterの投資の先をみていくと、モバイルに注力している様子が伺えます。

via Re/code

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------