中国のオンデマンドマッサージアプリ「Diandao(点到)」が、シリーズAラウンドで500万米ドルを調達

by Tech in Asia Tech in Asia on 2015.5.1

massage_featuredimage
via Flickr by Nick Webb. Lincensed under CC BY 2.0.

もし、あなたが仕事からUberを使って帰ってきて疲れてどうしようもない時に、洗濯代行サービスからきちんとたたまれた洗濯物を受け取って、美味しい晩御飯が家に配達されてきたら、今度はアプリを起動してマッサージ師を頼みたくなるだろう。これが中国の Diandao(点到)というオンデマンドサービスの狙いで、マッサージ有資格者のプロをあなたの家まで派遣してくれるのだ。

中国のテックブログ 36Kr(36気)によると、本日(原文掲載日:4月24日)Diandao はシリーズAラウンドで500万米ドルの資金を調達したことがわかった。今回のラウンドはBanyan Capital(高榕資本)が主導し、また家事や美容などのオンデマンドオンサービスを専門とする現地のウェブスタートアップである 58Daojia(58到家)も参画した。

On-demand-massage-app-in-China-attracts-5M-series-A-funding

Diandao は現在のところ北京と上海のみマッサージ師の派遣を行っているが、これは中国全土に渡ってこの類のサービスを拡張することがいかに難しいかを物語っている。プロのマッサージの価格はおよそ128元(20米ドル)からで、(危険ではない地域の)すべての中国の都市にあるようなプロの(そして公正な)マッサージ屋と同程度の価格である。

今回のDiandaoのシリーズAによって、中国のオンデマンドスタートアップへのベンチャーキャピタルの関心は急速に高まっていくだろう。それが、宅配サラダ出張ネイルアート自宅のキッチンに来てくれるシェフであろうとも。

怠けることを推奨するような経済が真に中国で始まったのだ。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------