チャット感覚でメールをやりとりできるモバイルアプリMailTimeがバージョンアップ、日本語に対応

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2015.6.2

mailtime_featurdimage

Eメールを、Facebook メッセージや LINE のような、スレッド形式/チャット感覚でやりとりできるアプリが増えている。以前にも、日本発でこのような機能を持っているメッセージアプリとして SwingMail などを紹介している。

今回紹介したいのは、サンフランシスコ発の MailTime というメッセージアプリだ。5月末にリリースされたバージョン2.0では日本語を含む12ヶ国語にローカライズされ、iCloud、Gmail、Outlook、Yahoo、AOL、Hotmail などのメール受信に対応できる。スワイプするだけでメールがアーカイブできたり削除できたりする点は Inbox や Mailbox のインタフェースにも似ているが、メールの内容を機械学習し、@(アットマーク)で作業者をメンションすることで、受信ボックス上でタスクの To Do 管理ができる機能を備えているのは特筆すべき点だろう。

MailTime の2人の創業者は以前、香港のインキュベータ Cyberport(数碼港)を拠点に TalkBox という音声メッセージアプリ(中国人がよくケータイに向けてメッセージを録音している、プッシュ・トゥ・トーク型のアプリ)を開発し1,300万人のユーザを擁していたが、Tencent(騰訊)のメッセージアプリ WeChat(微信)が TalkBox の機能を追随したためにピボット、現在の MailTime の形となった。昨年にはサンフランシスコへ拠点を移動、中国・香港発のスタートアップとしては初めて、昨年の TechCrunch Disrupt 2014 のピッチ・セッション「Startup Battlefield」でプロダクトをローンチした。

MailTime の CMO Charlie Sheng は、THE BRIDGE に対して次のように語ってくれた。

他のアジア諸国に比べ、日本ではメールが大きな意味を持っているのを知っています。だからこそ、特に日本語版を出すことには力を入れました。

さまざま情報ツールに社外からもアクセスできる海外企業に比べ、セキュリティ確保という大義のもと、社外からはメールでの情報共有に依存せざるを得ない日本企業は少なくない。コミュニケーションのためには仕方ないにせよ、タスクのアップデイトに関わるメッセージの往来で受信ボックスが溢れかえるのもはうんざりする。これをインタフェースの工夫で改善しようとしたのが MailTime のコンセプトだ。

我々が作ろうとしているのは、メールアプリではなく、メールのシステムの上で動くオープンなメッセージシステムです。ピボットしてからの長い道のりの中で、メッセンジャーがクローズなネットワークであるということに気づいたんです。つまり、私が WeChat(微信)のユーザで、あなたが LINE を使っていたら、コミュニケーションできません。互いに同じアプリをダウンロードする必要があります。

それとは対照的に、メールはオープンかつユニバーサルです。Gmail ユーザは Yahoo Mail のユーザにもメールできる。しかし、メールはデスクトップでもモバイルでも、ユーザ・エクスペリエンスがひどい。何度も同じシグネチャーやメタデータを見せられることになります。そこで、メールをもっと簡単に、チャットのように使えるようにしたわけです。

MailTime のモバイルアプリは、iOS 用に iTunes AppStore からダウンロードが可能、Android 用は目下開発中で、公開され次第、告知の案内を受け取ることができる。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------