資産管理アプリ「Moneytree」がアップデート、ScanSnapと連携して領収書の電子保存に対応

by Junya Mori Junya Mori on 2015.6.30

Press Releasae

本日、資産管理アプリ「Moneytree」が大きなアップデートを発表した。電子帳簿保存法の改正に合わせ、家計簿や会計に関連したサービスが各自動きを見せている。

「Moneytree」は、今回、大人気スキャナ ScanSnap iX100、iX500への対応を発表。今回の対応により、有料サービスである「Moneytreeプレミアム」を利用しているユーザはScanSnapを用いて直接領収書をスキャンすることが可能になった。

Cloudsafe Expence

スキャンされたレシートデータは「Moneytree Cloud SafeTM」に保存される。スキャンしたデータは以前から機能として存在していた経費記録機能と連携し、取引明細にひも付けることが可能だ。これで経費の記録と領収書の電子保存が可能になり、「企業での経費生産等にも使ってもらえたら」とマネーツリーはコメントしている。

今回発表されたScanSnapへの対応以外にも、いくつかのアップデートが発表されている。現金記録画面で、月ごとの総額と詳細を表示できるようになり、クレジットカードの確定、未確定、リボ払い残高の表示ができるようになるなど、より使っている金額がわかりやすくなった。

「Moneytree」は少しずつビジネスシーンでの利用にも対応し始めている。次に彼らが便利にするのは一体何になるのだろうか。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------