グローバルなスタートアップを目指す起業家が集うイベント「Skyland Ventures Fest Tokyo」が開幕 #SVFT

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2015.6.21

svft2015-morikawa-kinoshita-broaderview

本稿は、Skyland Ventures Fest Tokyo の取材の一部である。

21日、東京・品川のマイクロソフト本社で、今回初となる Skyland Ventures Fest Tokyo が開催されている。GLOBAL Startups meet GLOBAL Talents というタグラインの通り、このイベントには、数十カ国から数百名以上の起業家、投資家、スタートアップ・コミュニティ関係者が訪れている。

イベントは、LINE の元 CEO で先頃「C CHANNEL」を立ち上げた森川亮氏のインタビュー・セッションで幕を開けた。モデレータは、Skyland Ventures の創業パートナーである木下慶彦氏が務めた。

このセッションの中で森川氏は、LINE CEO を退任し C CHANNEL を始めた理由について、次のように答えた。

教育、ヘルスケア、エネルギーの分野のビジネスには興味を持っていたが、自分にはこれの分野のビジネスに経験がなかった。今から20年前、大学卒業後にテレビ会社に就職したので、放送業界には友人も多いし、他のビジネスよりもよくわかっている。そこで、メディアビジネスをやることにした。(中略)

インターネットの閲覧が PC からスマートフォン主流になったことで、Eコマースのエクスペリエンスは、検索で安い商品を探すものから、良品を探すものへと変化した。動画においても、検索で探す時代は YouTube だったが、スマートフォン・シフトによって変わってくる。LINE も違った方法で動画ビジネスを考えているようだが、私たちはファッションにフォーカスすることにした。

森川氏は、日本のスタートアップが多くの機能をアプリに詰め込み過ぎることで、世界のユーザからは理解されづらいものになる傾向があること、また、考えることにのみ多くの時間を費やすのではなく、いち早く行動することが重要だと語った。

svft2015-morikawa-kinoshita
Skyland Ventures 木下慶彦氏のインタビューを受ける、C CHANNEL の森川亮氏

午前中のセッションでは、森川氏のほか、Pocket Supernova の Oscar Yasser Noriega 氏、Slush Asia の Antti Sonninen 氏、SIG Asia Investments(海納亜洲創投)の Tim Gong 氏、韓国 VCNC のパク・ジェウク (박재욱)氏、インドネシア Touchten の Anton Soeharyo 氏、中国 Powercore の Jia Shen 氏、エンジェル投資家の前田ヒロ氏らが、世界各国のスタートアップ・シーンにおけるグローバリゼーションの現状や、グローバリゼーションがスタートアップにとってなぜ重要か、それぞれの視点から説明した。

svft2015-jaeuk-park
韓国 VCNC のパク・ジェウク (박재욱)氏
svft2015-hiro-maeda
エンジェル投資家の前田ヒロ氏
svft2015-antti-sonninen
Slush Asia CEO の Anti Sonninen 氏
svft2015-anton-soeharyo
Touchten Games の Anton Soeharyo 氏

会場では講演セッションのトラックと並行して、ファイヤーサイド・チャットのトラックと、テックブログ「Techwave」によるスタートアップ・ショーケース「アプリ博」が開催されている。午後のセッションの模様や、イベントで共有されている興味深いインサイトについては、追ってお伝えしたい。

svft2015-firesidechat-richard-min-ryo-umezawa
ファイヤーサイドチャットに臨む、韓国の連続起業家 Richard Min 氏とヘイロー代表取締役 梅澤亮氏
svft2015-applihaku-booths
併催されている「アプリ博」のブースも人気

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------