スタートアップコミュニティ運営のcrewwが、オリックスと孫泰蔵氏の投資会社から約2.7億円を資金調達

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2015.7.1

creww-all-team-members
The Creww crew.

(訂正:初出時のヘッドラインの「ファンド」の表現を「投資会社」に訂正しました。)

東京に拠点を置く、スタートアップコミュニティを運営するスタートアップである creww は1日、金融大手のオリックスと、孫泰蔵氏の投資会社 Mistletoe から約2.7億円を資金調達したことを発表した。オリックスにとっては、スタートアップ向けの投資としては初のケースとなる。

今回の資金調達を受けて、creww はスタートアップコミュニティを活用したオープンイノベーション関連の活動を強化すると共に、オリックスとのパートナーシップにより、スタートアップコミュニティ向けの金融事業に参入する。金融事業の詳細については明らかになっていないが、スタートアップの資金調達を円滑化しアクセラレーションを促すクラウドファンディングのようなもの、という未確認情報を得ている。

creww は2012年8月の設立。シードラウンドでインキュベイトファンドからシード資金を調達(この際の金額については非公開)、2013年9月には日本テレビから1.2億円を調達している。スタートアップに大企業との協業を促す「コラボ」、スタートアップ向けの割引価格でサービスを購入できる「MARKETPLACE」、大企業向けのオープンイノベーション・レクチャープログラム「knots(ノッツ)」などを運営している。

creww の現在の構成メンバーは17名。今後事業の拡大に向け、エンジニア、デザイナー、ビジネス開発、アジア向け事業展開担当者などの雇用を強化する計画だ。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------