ナイトレイが、SNS上の投稿をもとに訪日外国人観光客の動きを可視化する「inbound insight」をローンチ

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2015.7.3

inbound-insight_featuredimage

東京に拠点を置き、位置情報データのアナリティクス技術を開発するナイトレイは3日、ソーシャルネットワーク(SNS)上の投稿を元に、訪日外国人観光客の行動を地図上で可視化するサービス「inbound insight」をローンチした。

「inbound insight」は行動データを可視化するプランと、解析データの購入プランで構成される。

可視化プランはフリーミアムで提供され、地図上でのヒートマップ表示、人気エリアランキング表示、行動データのグラフ化が可能、さらに月額10万円のPRO(契約は3ヶ月単位)では、フリーミアムの機能に加え、地図上での行動ルート表示、国籍判定(中国・香港・台湾・韓国・タイ)、性別判定(中国・台湾・香港)、ポイントデータ表示、クチコミ詳細内容表示、投稿写真表示の機能が提供される。

解析データ購入プランでは、必要な期間の解析結果を、投稿日時、緯度経度、都道府県、市区町村、町丁目番地、番地、プレイス名、ユーザID、性別、推定国籍、投稿テキスト、投稿画像 URL といった項目で CSV 形式で提供することができる。料金は期間と対象とする地域により、例えば、全国30日間のデータで50万円から。

nightley-inbound-insight-1
周遊ルート表示:訪日外国人の個々の行動経路を解析して表示可能
nightley-inbound-insight-2
ポイントデータ:解析された投稿データの内容を個別に表示可能(投稿時間、クチコミ内容、投稿写真)
nightley-inbound-insight-3
性別解析:SNS投稿ユーザの性別を解析し、性別毎に切替表示が可能 (中国、香港、台湾)

ナイトレイはこれまで3年以上にわたって日本語中心のソーシャルネットワーク上のデータを利用した位置・移動・行動データの解析技術やノウハウを培ってきたが、inbound insight のローンチにあたり、言語判定、国籍判定、入出国判定などを常時解析できる技術を新たに開発した。

inbound insight の行動データ解析対象は、Twitter や新浪微博(Sina Weibo)などの SNS で公開されているユーザ投稿で、未公開の投稿やクローズドアプリのログデータなどは含まれない。1ヶ月あたり約 5,000 人の訪日外国人旅行者のデータ解析が実現できており、行動傾向(訪問施設、行動種類、移動ルート)や国籍別の嗜好をつかむことができる。

ナイトレイでは、「inbound insight」を訪日外国人の誘致を進めている官公庁や観光業、ホテル業、商業施設、商店街等に向けて導入提案を進めていく方針で、これらにより 2015 年末までに行動データ可視化ツールを100社、解析データ購入プランを20社への導入を目指すとしている。

<関連記事>

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------