NOにくじけるなーーAirbnbの立ち上げ初期、ファウンダーが投資家から受け取った7通のお断りメールを公開

by Yukari Mitsuhashi Yukari Mitsuhashi on 2015.7.22

image via. Flickr
image via. Flickr

<Pick Up> 7 Rejections

そのアイディアが、まだ世にない斬新なものであればあるほど、NOと拒否される頻度は高まる。今でこそ、評価額250億ドルのスタートアップとなったAirbnbも、その例外ではなかった。

Mediumに、同社の共同ファウンダーでCEOのBrian Cheskyさんが、2008年6月のサービスの立ち上げ時に投資家から受け取ったという「出資お断り」メールの原文を、投資家の名前を伏せて紹介してる。

友人から紹介を受けて、シリコンバレーでも有名な7人の投資家に連絡をとった。当時は、150万ドルの評価額で、15万ドルを調達しようとしていた。つまり、当時出資していたならば、15万ドルでAirbnbの10%を取得することができていたことになる。

ところがその結果は散々たるもので、5社からは断られ、残り2社からは返事すら来なかった。実際のメールはMediumの記事を見てもらうとして、一部はこんな感じ。

「昨日、本件についてはこれ以上先に進めないという判断をした。旅行関連はこれまでも手こずってきたカテゴリーだ。Eコマース分野でもトップを競うジャンルであることは理解しているが、旅行にまつわる事業はどうも上手くいかない」

「パートナーに共有してみたが、第一にこの分野は僕らが注力する5つの分野に含まれない。つまり、僕たちが君たちに関与することは、長期戦を意味する。また既存投資分野ではないため、君たちに必要な専門分野における知見の提供も難しいだろう。今後も定期的に連絡をくれ。シリーズAの投資のタイミングになったら、また検討させてほしい」

ファウンダーのブログ記事は、「今度何かアイディアを思いついてそれが拒否された時、このEメールを思い出してほしい」という言葉で締めくくられてる。

via. Medium

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------