ユーザ参加型アイドル応援アプリ「CHEERZ」がYouTuberマックスむらいと協業

Junya Mori by Junya Mori on 2015.8.6

cheerz

ユーザ参加型アイドル応援アプリ「CHEERZ」を運営するフォッグと、YouTuber「マックスむらい」を擁するスタジオむらいが協業契約を締結した。「CHEERZ」は、サービスに参加するアイドルたちが露出する先を増やすことに注力しており、これまでにイベントの開催やムック本の制作等を行ってきた。

「CHEERZ」ではアイドルが動画の撮影も可能になり、フォッグはアイドルの動画をうまく人々に届けていきたいと考えていた。新たな YouTube コンテンツを求めており、アイドルというに注目したスタジオむらいが協力して番組制作を行うこととなった。

YouTube 上に開設される「CHEERZ チャンネル」では、アイドルから投稿された多数のプライベート動画からマックスむらい氏が独自の視点で選出。選出された動画は、「CHEERZ チャンネル」にアップされ、その中から毎週数本をピックアップし、マックスむらい氏のオリジナル YouTube 番組においても紹介していく。



今回のフォッグとスタジオむらいの提携のように、タレントを擁するプレイヤーとYouTubeでの配信に長けたプレイヤーによる協業は今後も増えそうだ。

Junya Mori

Junya Mori

モリジュンヤ。2012年に「Startup Dating」に参画し、『THE BRIDGE』では編集記者として日本のスタートアップシーンを中心に取材。スタートアップの変革を生み出す力、テクノロジーの可能性を伝えている。 BlogTwitterFacebookGoogle+

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース