サムライインキュベートが、イスラエル発のウェブサイト向けBGM提供サービス「righTune」に出資

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2015.8.20

rightune_featuredimage

サムライインキュベートは今日、イスラエル・テルアビブに拠点を置き、ウェブサイト向けの BGM サービス「righTune」を運営する Dopa Music に出資したと発表した。今回のラウンドはシードで、サムライインキュベートが今年1月に立ち上げた「Samurai Incubate Fund 5号投資事業有限責任組合」から10万ドルの出資。サムライインキュベートからイスラエルのスタートアップに対する出資としては、これまでの、Startup EastDogizActiFile への出資に続くものだ。

righTune は、ウェブサイトのブランディングやコンテンツ、ウェブサイト訪問者の好みに基づいてプレイリストを作成し、ウェブサイト上で訪問者の行動を追跡。行動履歴やビッグデータ解析により、ユーザにあった BGM を再生することでユーザエンゲージメントを高める。ウェブサイト・オーナーは、JavaScript のコードを自社サイトのソースに埋め込むだけで、簡単に righTune の BGM をウェブサイト訪問者に提供することができる。同社が持つ楽曲選定のアルゴリズムは現在、アメリカで特許申請中だ。

righTune の可能性について、Dopa Music CEO の Erez Perlmuter 氏は、次のように語った。

Erez Perlmuter 氏
Erez Perlmuter 氏

今年の2月から6月まで、イスラエルのコーヒーショップ・チェーン Landwer でテストしたところ、BGM の最適化によって、顧客の滞在時間が16%伸びた。また、同じ時期、BGM の導入で、ウェブサイトでも11%ページビューが増加したことを確認できている。

Eコマース、ファッションビジネス、デザインなどの分野では、商品購入などの意思決定において、雰囲気というのは重要な要素だ。righTune では、ユーザの滞在時間や画面をクリックしたタイミングなどをもとに、我々の学習エンジンがユーザ毎にユニークなプレイリストを生成する。

カラオケに代表される消費者向けのビジネスが多数ある日本には、大きな可能性があると考えている。

rightune_brochure
音楽が消費者に与える影響をまとめたインフォグラフィック(Dopa Music 提供、クリックして拡大)

現在、同社はインディーズ・アーティストや権利フリーのインストゥルメンタルを中心に、BGM として提供可能な楽曲を集めている。サービスローンチから1年半で、アメリカ、イギリス、ドイツを中心に約1,000社の顧客を有しており、ウェブサイト以外に、オフライン店舗の BGM 提供も行っているようだ。また、ウェブサイトの簡易構築サービス「WIX」には、ユーザが自らのウェブサイトに簡単に righTune の機能を追加できるアドオンが提供されている。

今年に入って、音楽ストリーミング・サービスの Spotify は Uber と提携し後部座席で好きな楽曲を選べたり、Starbucks と提携して、Starbucks 店内に好きなプレイリストを再生できるサービスを始めている。righTune のサービスは BGM の可能性をウェブサイトの世界にまで広げるもので、流れた楽曲に応じたユーザの反応を集積することにより、新たなビジネスの機会も期待できるだろう。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------