HMDとレーザーガンを組み合わせたVRゲームを多人数で楽しむための空間がメルボルンに誕生

by Junya Mori Junya Mori on 2015.8.22

Zero Latency

<ピックアップ>Multiplayer Virtual Reality Gaming is the New Laser Tag

メルボルンを拠点にしている Zero Latency が、ゲーム用のスペースをオープンしたそうです。同チームは、昨年「Pozible」というクラウドファンディングサイトで、3万ドル弱の資金を集めていました。


プレイヤーはHMDやヘッドホンを装着し、レーザーガンのコントローラーをもってゲームを「体験」します。

同空間は400㎡の広さ。このスペースで、仲間であることを認識するためのレーザータグを装着することで、マルチプレイヤーでのゲームプレイが可能になったんだとか。ゾンビシューティングやFPS系のゲームが盛り上がりそう。



このスペースでゲームを体験するためには、88ドルのチケットを購入する必要があります。ゲームを体験する時間としては高いかもしれませんが、アクティビティの体験だと思うと、そうでもないかも。

via PSFK

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------