台湾発のハンドメイドマーケットプレイス「Pinkoi」がSequoiaから約11億円を資金調達

by Junya Mori Junya Mori on 2015.10.1

pinkoi

アジア最大級のオリジナル商品・ハンドメイド商品の通販サイト「Pinkoi」を運営するPinkoiは、本日Sequoia Capitalを引受人とする900万ドル(約11億円)の第三者割当増資を実施した。

Pinkoiは2011年末に設立された台湾発のスタートアップ。現在、Pinkoiは月間で約200万人のユーザが訪れるサイトに成長しており、2,5万人以上のデザイナーがPinkoiのプラットフォームを使って自らデザインした商品を世界中に販売している。台湾、東京、香港、バンコク、サンフランシスコにオフィスを構え、近々上海にも進出予定だ。

今回の調達のリリースに合わせ、Pinkoiは英語版サイトも立ち上げ、アプリも英語に対応。既存の日本語、タイ語、簡体字版中国語、繁体字版中国語に加えて5言語に対応した。

Pinkoiの共同創業者兼CEOのPeter Yen氏は、「次の目標はデザイナーのコミュニティをアジアへと拡大することであり、日本は私たちの中でも一番プライオリティーが高いことです」とコメントしている。

「Pinkoiのミッションは、デザイナーが情熱を持って自分たちのビジネスをスタートさせ、アジアにおけるデザイナーのコミュニティを構築していくことです。日本については、 日本人のデザイナーやクリエイターの素晴らしい作品を、Pinkoi上にいる世界中のファンたちとつなげていくことで、日本の国外で販売する手助けをしたいと考えています。

日本には各都市に素晴らしい才能をもったデザイナーがいると信じています。私たちは、そうしたデザイナーに台湾やアジアのマーケットでのノウハウや経験を共有し、Pinkoiというプラットフォームを通じてスターとなる手助けをしていきたいと思います」

Pinkoiは、サービスを改善し、コミュニティを成長させ、プラットフォームをよりよいものにしていきたいと考えている。

「デザイナーコミュニティを牽引する人たちと協働し、抱える課題を理解し、デザイナーのビジネスを成長させるサポートをしていきたいと思います」

関連記事

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------