Snapchatがチャンネル機能「Snap Channel」を完全シャットダウン、従業員の解雇も

Michael de Waal-Montgomery by Michael de Waal-Montgomery on 2015.10.14

VB Insightは、VentureBeatが提供するマーケティングテクノロジーに特化した企業向け有償レポートです。日本語版は、サンフランシスコのクリエティブ・エージェンシーbtraxが提供しています。詳しくはこちらから。

115CAE03-C62E-421D-AC9E-68E2046F0801

人気のフォトメッセージングアプリ「Snapchat」が、今年1月に発表したオリジナルコンテンツへの進出について、心変わりをしたらしい。「Deadline」が月曜日遅くに報じたものた内容によると、同社はSnap Channelをシャットダウンし、従業員解雇も予定しているという。その中には、プログラムプランニングと開発の責任者であるMarcus Wileyが含まれている。

数週間前、既にSnap Channelは検索セクションから削除されており、もはや約束された再復活はありえないことがわかる。もしこの報道が事実であれば、Snap Channelは永久に無くなってしまったということになる。その一方で、同社は今後どこかのタイミングでまたオリジナルコンテンツを模索するであろうことが考えられる。

この動きは、Snapchatがプロダクト著名ブランドとのタイアップによるマネタイズを画策している最中でのこと。ーーユーザーのセルフィーをブランドがスポンサーするようなオプションを模索していると報じられている。

Snap Channelのことを、誤って導かれたビジョンに基づき失敗に終わった実験として見ることは容易であるものの、Snapchatの共同創業者でCEOのEvan Spiegelは今日、急成長中の企業にはまだまだキャッシュが残っているとコメントしている。

我々は現在Snapchatにコメントを求めており、何か届いたらアップデートをお知らせする。

【原文】

【via VentureBeat】 @VentureBeat

Michael de Waal-Montgomery

Michael de Waal-Montgomery

VentureBeat のアジア拠点ライター。これまでに、テックやスタートアップの話題を e27、The Next Web、香港の South China Morning Post などに寄稿。

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース