翻訳効率化ソリューションの八楽、「YarakuZen(ヤラクゼン)」を個人ユーザ向けにフリーミアム化

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2015.10.6

yarakuzen_featuredimage

東京を拠点とし、翻訳ソリューションを提供するスタートアップの八楽は2日、機械翻訳やクラウドソーシング翻訳に加え、過去の翻訳事例からの機械学習やテンプレートを駆使することで効率的な翻訳ができるサービス「YarakuZen(ヤラクゼン)」について、個人ユーザ向け完全フリーミアム化を発表した。

個人ユーザ向けフリーミアム版では、日本語をベースとしたときに 3,000文字までの翻訳であれば無料で利用できる。また、頻出する翻訳事例を保存しておき、次回以降の翻訳に反映させる保存可能ドキュメント数、保存可能フレーズ数はそれぞれ、100文書、1,000フレーズまでの制限があり、これまでのビジネスユーザ向け YarakuZen は17言語に対応しているのに対し、フリーミアム版の対応言語は8言語に制限される。

一般的に、インターネットを使ったサービスでは、フリーミアムからプレミアムに移行するケースが多いが、YarakuZen がこれとは逆の手法を採用している理由について、八楽の COO 湊幹(みなと・つよし)氏は、THE BRIDGE の取材に対し次のように語った。

これには2つ理由があります。1つは、営業・マーケティング戦略上の理由で、法人に導入していく中で、現場個人における強いニーズ、現場の人がものすごく良く使ってくれている状況を見て、「導入権限をもった人」に個別にアプローチしていくよりも、組織内個人に直接アプローチし、そこから企業導入に繋げていく方が、広がるスピードが圧倒的に早いだろう、と感じたからです。

2つめは、自社のミッションに立ち返り、一般の人にも利用して欲しいと考えたからです。「グローバルコミュニケーションを楽しむ」というのが弊社のビジョンで、中長期的な戦略として、世界のグローバルコミュニケーションのインフラを作り上げていくことが狙いです。

以前、今は亡き Dave Goldberg にインタビューしたとき、彼はシリコンバレーで B 向けソリューションが定着する流れの特徴として、「ビジネスツールのコンシューマライゼーション(消費者向けプロダクトが、ビジネスシーンで使われること)」があると言っていた。今回の展開は、八楽はがこの流れを日本のビジネスシーンにおいても期待する意思の表れだろう。

余談だが、時間の無いビジネスパーソンが読者の多くを占めることを念頭に、THE BRIDGE では一部の記事を除いて2,000文字以内で留めるように努力している。翻訳結果について品質評価はしていないが、YarakuZen の個人向けフリーミアム版が3,000文字まで無料で利用できるということだけ考えれば、THE BRIDGE 日本語版に掲載されている記事くらいのボリュームであれば、ほぼ無料で他の言語に翻訳できることになる。

前身となる WorldJumper をベースとして、2014年9月にサービスを開始した YarakuZen は、この1年間で400社以上に採用された。八楽の創業者でCEO を務める坂西優(さかにし・すぐる)氏は、次のようにコメントしている。

これをもってもっと多くの人に外国語によるコミュニケーションの機会を提供出来ることを目指しています。

八楽は2013年5月、ニッセイ・キャピタル、日本ベンチャーキャピタル、そのほかいくつかのエンジェル投資家から、約1億1,000万円を資金調達している。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------