米オバマ大統領、APECで〝塩水ランプ〟を発明したフィリピンの社会起業家にインタビュー(ビデオ)

by beSUCCESS beSUCCESS on 2015.11.22

salt-lamp-battery-charging
塩水ランプであかりを点灯、携帯電話を充電(写真:SALt)

18日、フィリピンのマニラで開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)の CEO サミットで、Barack Obama 大統領が Alibaba の Jack Ma(馬雲)会長と、フィリピンの環境活動家兼起業家 Aisa Mijeno 氏をインタビューするパネルのモデレータとして参加した。

Jack Ma 会長は、Obama 大統領の「若い起業家を養成するために必要な政府の役割とは」との質問に、「政府は起業家の税金を減らしさえすればよい」と答え、会場から大きな賛同を得た。また、フィリピンの Aisa Mijeno 氏は、自らが開発した「塩水ランプ」を紹介、ティースプーン2杯分の塩とコップ1杯の水で充電すると、あかりをつけることができ、携帯電話も充電可能であると説明した。

以下は、パネルセッションのビデオだ(映像提供:フィリピンのテレビ局 ABS-CBN)

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------