失くしたものをスマホから探せるキーホルダー型デバイス「Lapa 2」

by Kazuyuki Abe Kazuyuki Abe on 2015.11.2

Lapa 2

失くしたものをスマートフォンから探せるコンパクトなデバイス「Lapa 2」がIndieGoGoでクラウドファンディング中だ。すでに3万5,000ドルの目標を大きく上回り、16万ドルを超える資金調達を達成している。

2013年に、同じくIndieGoGoのクラウドファンディングで「Lapa」というプロダクトが開発されており、今回の「Lapa 2」はそれを発展させたプロダクトとなる。

Lapa 2

「Lapa 2」は、縦横約35mm、高さ約5mm、のコンパクトなキーホルダーのようなデバイス。Bluetooth対応で、スマートフォンアプリ(iOS・Android)と連携させて利用する。

例えば、家の中のどこにスマートフォンを置いたかわからなくなってしまう、という経験をしたことがある方も多いだろう。

そんなときは、「Lapa 2」の表面のボタンを押す。

Lapa 2

すると連携したスマートフォンが光とアラーム音を出しはじめるので、その場所を特定することができる。

Lapa 2

逆に、スマートフォンから「Lapa 2」の場所を捜索することも可能だ。キーホルダーとして鍵にくっつけておけば、鍵をどこに置いたかわからなくなった場合も、アプリ上のレーダーのような画面をみながら家の中を探して、信号が強い場所を確認することができる。

Lapa 2

捜索範囲は約60mのことなので自宅の庭のテーブルに置き忘れたなんていう場合でも、見つけることができそうだ。

また、この60mの範囲内に「Lapa 2」を検出できなくなってしまった場合には、スマートフォンにアラートを出すことができる。「Lapa 2」を取り付けた荷物を置き忘れたまま移動してしまった場合などには早めに気づくことができる。

Lapa 2

オプションとして用意されるブレスレットや首輪型のアクセサリーを用いて、子どもやペットに身に付けさせておけば、彼らが自分から離れた際にすぐに察知することができる。

Lapa 2

さらに、「Lapa 2」は、最後にGPS検出された場所を地図上に表示することができるので、万が一、荷物を失くしたとしても、おおよその位置の見当がつく。しかも同じ「Lapa 2」を利用しているユーザーがその荷物の信号を検出すると、位置情報が随時更新されるため、より正確な位置を確認することできるという。

この「Lapa 2」、IndieGoGoでは送料込みの19ドルで1個を手に入れることができたが、すでに限定数終了。現在は、29ドルの支援で「Lapa 2」1個を手に入れることができる。発送開始は2015年12月頃の予定だ。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------