肺機能をスマホで計測、ぜんそくの兆候を事前にチェックできる「Wing」

by Kazuyuki Abe Kazuyuki Abe on 2015.11.5

Wing

ぜんそくの症状をもつ人が、自分の肺機能をスマートフォンで簡単にチェックすることができる「Wing」というデバイスが開発されている。現在、IndieGoGoで出資者を募っている。

Wing

「Wing」は、ポケットに入るようなコンパクトサイズのセンサー。本体から伸びたケーブルをスマートフォンのイヤフォンジャックに接続し、専用アプリで利用する検査システムだ。

Wing

計測時は、スマートフォンと接続したセンサー部を口に当てて呼吸をすると、FEV1(一秒間に吐き出せる空気の量)やピークフロー(空気を吐き出せる速度)等を医療機関と同等の精度で計測することができるという。

アプリ

ぜんそくの発作は急に起こることが多いが、日々計測することで発作の兆候をいち早く発見し、対策をたてることが可能になるという。計測データはアプリに記録され、担当の医師や医療機関に送信したりすることも可能だ。

市販予価格は150ドル。IndieGoGoでは、89ドルの支援でWingを1個手に入れることができる。クラウドファンディングに成功し、開発が実現した場合には、2016年の8月の発送が予定されている。

Wing – Measure Your Lungs. Manage Your Asthma. from Wing on Vimeo.

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------