FiNCがロート製薬や吉野家ホールディングスなど東証一部上場大手企業 8 社中心に 第三者割当増資を実施

by Yukari Mitsuhashi Yukari Mitsuhashi on 2015.12.7

FiNC-website

厚生労働省が定めるストレスチェック制度に対応するため、11月に法人向けストレスチェックサービス「ウェルネスサーベイストレス」を開始したFiNC。「FiNC ダイエット家庭教師」やニュースキュレーションアプリ「WellnessPost」などのヘルスケア領域におけるオンライン事業、またプライベートジムなどを運営しています。

FiNCは本日、東証一部上場企業8社を中心とした第三者割当増資を実施したことを発表しました。今回の投資ラウンドに参画したのは、ANAホールディングス、全日空商事、クレディセゾン、第一生命保険、三菱地所、吉野家ホールディングス、ロート製薬、キューピー、ゴルフダイジェスト・オンライン、ネオキャリア、Fenox Venture Capital、グッドパッチです。

例えば、「「健康寿命」を延ばす」ミッションを掲げるロート製薬は、自社が持つ医薬品や化粧品の知識といった見識とFiNCのテクノロジーを融合させることで、より生活密着型のヘルスケアサービスを提供していく予定です。

FiNCは、日本を代表する企業とさまざまな形で連携することで、事業展開を加速させ、世界一のウェルネスカンパニーを目指すとのこと。同社は今年10月にも、ソフトバンクと共同でパーソナルデータに基づいたヘルスケアサービスの開発を発表したばかり。今回の資金調達を受けて、今後も相次いで同様の共同事業への取り組みが期待されます。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------