MasterCardが世界規模でスタートアップ支援「Start Path Global」を開始、日本からはMoneytreeが一期生に選抜

by Junya Mori Junya Mori on 2015.12.1

start path

MasterCardはスタートアップ支援プログラム「MasterCard Start Path(マスターカード・スタートパス)」を世界規模でローンチすると発表した。世界中のスタートアップ200以上の中から選抜されて第一期生が决定、日本からはマネーツリー(Moneytree)が選ばれている。

MasterCardは2014年から、次世代の商業ソリューションの開発を行うスタートアップをサポートするため、「MasterCard Start Path」を開始。これまでに約40社のスタートアップのメンタリングを実施してきている。



「MasterCard Start Path」では、6ヶ月のプログラムが実施され、MasterCardの人々から各スタートアップに合ったメンタリングを受けられる他、MasterCardソリューションを導入することもでき、他にもStart Pathから指導を受けたスタートアップとコンタクトすることも可能だ。

MasterCard Start Path Globalの第一期生として選抜されたのは、オンライン決済管理ツールを開発する「コントロール(Control)」、税の還付率を最大化する「VATBox」といったスタートアップ。日本からは「Moneytree」が選抜されている。同社の代表取締役、ポール・チャップマン(Paul Chapman)氏はこのプログラムに合わせてベルリンへと赴いていたそうだ。

「自分たちが成長し、規模を拡大している中、Start Path Globalチームと一緒に新規市場へアプローチし、自分たちのソリューションを一段と良いものにしていけるのはとても楽しみです。」

と同氏はプログラムへの期待を語る。彼らは今後6ヶ月間にわたって、ベルリンとシンガポールで実施される数週間の集中コースに参加するほか、Start Pathのメンターと共に各企業のビジネス上で生じる問題に対応し、世界各国における新規事業の可能性について提案していくという。

世界展開も視野に入れているMoneytreeのようなスタートアップにとって、「Start Path Global」は相性の良いプログラムなのではないだろうか。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------