資産管理アプリ「マネーツリー」にユーザ待望のウェブ版が登場、経費精算とチャットサポートを強化

by Junya Mori Junya Mori on 2015.12.17

trend-cashinout

資産管理アプリ「マネーツリー」にウェブ版が登場した。これまで、iOSアプリのみだったが、これでPCからもお金の管理が可能になる。

「マネーツリー」は、自分のクレジットカードや銀行口座、ポイントカードなどを登録しておくと、自動でデータを収集し、月の出費や収入を計算してくれるサービス。

ウェブ版では、チャットサポートが設けられており、アプリ版と比較するとリアルタイムでのサポートが受けやすい。ウェブ版では、仕事での利用が多いことが予測されるため、経費精算等が使われるのでは、というのがマネーツリーの考えだ。

cloudsafe

「マネーツリー」に記録される出金データは、経費かどうかを選択することができ、また経費に割り振った項目には領収書のデータを添付しておくことが可能。

「マネーツリー」は弥生オンラインと連携している。そのため、ウェブ版がリリースされたことでマネーツリーを使って確定申告を行うといったことも、やりやすくなりそうだ。

summary

経費精算サービス、会計サービスに近い利用の仕方が可能になっているマネーツリーだが、そのコアバリューはAPIにある。同社は、国内1,550社以上の金融機関等から明細データを自動的に取得できる「MT LINK(エムティー・リンク)」を提供しているのだ。

「MT LINK」は、IBMの「Bluemix(ブルーミックス)」プラットフォームと連携を発表しており、今年は3大メガバンクからの資金調達を行ったこともあって、「MT LINK」を利用したいという問い合わせも増えているという。

最近では、米MasterCardのStart Pathプログラムの公式パートナーシップとして選出され、海外へも目を向け始めているマネーツリー。資金調達、Bluemixとの連携、MasterCard Start Pathへの選出、そして今回のウェブ版のリリース。マネーツリーは、来年さらに成長するのではないだろうか。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------