フィンテックの透明性の確保と促進に向けてーー資産管理アプリ「マネーツリー」が利用規約とプライバシーポリシーをオープンソース化

by Junya Mori Junya Mori on 2015.12.13

Landscape

資産管理アプリ「マネーツリー」を開発するマネーツリーは、同社の利用規約とプライバシーポリシーをオープンソース化することを発表した。開示された情報は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの「表示-改変禁止 4.0 国際」(CC BY-ND 4.0)の条件下で、GitHub上に公開される。

筆者は2012年頃の創業当時からマネーツリーを取材しているが、彼らのセキュリティやプライバシーを重視する態度は一貫している。利用者の立場を守ること、プライバシーポリシーの内容をユーザに理解しやすいものすることに注力してきた。

その「Moneytree」の利用規約、プライバシーポリシーがオープンソース化され、今後、プライバシーを重視したサービスを考えている企業は自由に利用することができる。

ユーザのデータを取得することで、利便性の高いサービスを提供することが可能になってきている。同時に、利用者に対して自分自身のデータがどのように使われているか、どのように守られているかを伝えることが非常に重要だ。

一方、スタートアップは時間やリソースが足りず、利用規約等に十分に配慮できないこともある。プライバシー等に配慮しなければならないサービスを考えているスタートアップにとって、マネーツリーの利用規約やプライバシーポリシーをたたき台にできることはメリットとなるだろう。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------