欧州のスタートアップシーンで存在感を増す中国ーー7億1500万ドル規模の新ファンド設立へ

Yuki Sato by Yuki Sato on 2016.1.21

VB Insightは、VentureBeatが提供するマーケティングテクノロジーに特化した企業向け有償レポートです。日本語版は、サンフランシスコのクリエティブ・エージェンシーbtraxが提供しています。詳しくはこちらから。

 via Flickr by “A Health Blog“. Licensed under CC BY-SA 2.0.

via Flickr by “Images Money“. Licensed under CC BY-SA 2.0.

<ピックアップ> Chinese investment firm launches $715 million fund for European startups to grow in China

欧州における中国の存在感がじわじわと増している。ロンドンに拠点を置く Cocoon Networks が7億1500万ドル規模という巨大なファンドを設立した。Cocoon Networks は、中国最大の検索エンジンBaiduに最初に投資した存在として知られるChina Equity Groupがスピンオフした企業だ。

VentureBeatの報道によれば、今回の新ファンドの目的は「中国市場での成長が見込めるプロダクトやサービス」を開発するスタートアップへの投資であるとのこと。

その領域はメディカル、フィンテック、バイオテック、ファッションテックなど多岐にわたる。新ファンドの設立に加えて、Cocoon Networks はロンドンで新たにインキュベータースペースも立ち上げるそうだ。

欧州のスタートアップシーンにおける、中国の存在感は徐々に増している。昨年2月には、スイスに拠点を置くモバイル・オンラインゲームのパブリッシャーとして有名な Miniclipの株式の大部分をテンセントが取得し、欧州進出に乗り出した。Miniclipは2001年に設立し、モバイルゲームのダウンロード数は5億を超え、月間アクティブユーザーは7000万に上る。

その翌月、昨年3月には中国のモバイルネット企業 Cheetah Mobileが、フランスに拠点を置くモバイル広告企業の MobPartner を5800万ドルで買収している。欧州以外に目を向ければ、イスラエルスタートアップを中国企業が買収する事例も増えている

今回の新たな巨大ファンドの設立と共に、欧州で中国の存在感がさらに増すことは間違いない。

関連記事:グローバルなゲーム市場へ進出する中国ーー大きな国内市場を越えて国際競争へと踏み出す理由とは?

via. VentureBeat

startup-member_a

Yuki Sato

Yuki Sato

ベルリンを拠点に活動中のテックライター&翻訳者。欧州のスタートアップの状況を日々探索中。Twitter: @yuki_sat , Blog: serialforeigner.com

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース