専用VRゴーグルでリアルな空中飛行体験ができるドローン「FLYBi」

by Kazuyuki Abe Kazuyuki Abe on 2016.1.5

FLYBi

FLYBi」というVRゴーグル付きのドローンが、Kickstarterにてクラウドファンディング中だ。

FLYBi

大きさは36×40cm、重さ約1,000gのこのドローンは、専用のリモコンまたはスマートフォンアプリから操作する。

FLYBi

ドローンの底面にカメラが搭載されており、空中から撮影して専用のVRゴーグルにその映像を映し出すことができる。鳥のような視点で空中散歩が楽しめるというわけだ。動画は1080P/60fps、静止画は12メガピクセルでの撮影が可能だ。

FLYBi

特徴的なのが、専用のVRゴーグルを装着した人の頭の動きと連動してカメラの向きがリアルタイムで変わる点だ。ゴーグルをつけた人が右を向くと、ドローンのカメラも右を向く。自分の首を動かした方向と連動した景色が目の前に広がるため、よりリアルに空を飛んでいるかのような体験ができる。

FLYBi

迫力ある空中からの眺めに夢中になって操縦が疎かになってしまいそうだが、「FLYBi」には自動で障害物を回避する機能も搭載されており、接触事故なども避けられるようだ。

FLYBi

また、スマートフォンアプリに映像のストリーミング配信が可能で、スマートフォンを挿入するタイプのVRゴーグルを使えば、操縦者以外でも一緒に空を飛んでいるかのような体験ができるという。

FLYBi」の最大時速は時速50km/h。リモコンで操作可能な範囲は約2kmで、最大約28分の飛行が可能。バッテリー切れになる前には、操縦者の元へ帰ってくるしくみとなっているようだ。

現在、Kickstarterでは799ドルの支援にて「FLYBi」ドローンとゴーグル、リモコンのセットを手に入れることができる。発送は2016年6月を予定。Kickstarterでの支援受付は2016年1月25日(日本時間)までとなっている。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------