データ抽出プラットフォームの「import.io」が1300万ドルを調達

Yuki Sato by Yuki Sato on 2016.1.24

スクリーンショット 2016-01-23 16.10.50

データ抽出プラットフォームの「import.io」がシリーズAラウンドで1300万ドルを調達した。「import.io」を使うと、ユーザーは既存のウェブサイトからデータを抽出したり、APIを保存することができる。

今回の調達ラウンドは、英国のImperial Innovationsが主導したもので、Wellington Partners、Oxford Capitalなども参加している。これまで同社が調達した額は、合計で1750万ドルになる。

同社の公式ブログで今月前半に発表された内容によれば、昨年2015年の1年間だけで、import.ioのユーザーが作成したAPIの数は100万以上、データが抽出されたウェブサイトは55億に上るという。

今回調達した資金を元に「より優れたデータ抽出テクノロジーを開発し、アナリティクスやビジュアライゼーション面でのパートナーとのエコシステムを広げていきたい」とのことだ。

関連記事:

startup-member_a

Yuki Sato

Yuki Sato

ベルリンを拠点に活動中のテックライター&翻訳者。欧州のスタートアップの状況を日々探索中。Twitter: @yuki_sat , Blog: serialforeigner.com

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース