中国のセクシー出会い系アプリ「Xianrou(鮮肉)」、メディアやSNSを運営する起業家らから数千万円を調達

Charlie Custer by Charlie Custer on 2016.1.15

xianrou

新しいソーシャルプラットフォームは最近中国でなかなか売れない。中国のインターネット業界はすっかりソーシャルサイトで埋め尽くされ、スタートアップは事実上 Tencent(騰訊)や Sina(新浪)のポジションを奪う機会に恵まれないでいる。だが、ニッチプラットフォームは別だ。著名な中国の写真家で Xianrou(鮮肉)共同設立者兼CEOの「Soft」氏(彼はそう呼ばれている)は、サービスが行き届いていないニッチ分野を見つけたようだ。それは、イケている人々をターゲットとしたセクシー市場だ。

Xianrou とは、文字通り「新鮮な肉」という意味で、Soft(本名:Wu Shuping=呉樹平)氏と、共同設立者の Ma Yizhou 氏がこの市場にサービスを提供しようとしている。これはモバイルソーシャルアプリで、魅力的なルックスのユーザを参加させている(申請する必要があり、現在は同社が参加に値するルックスの人を選んでいる)。ユーザはそこから互いをフォローしたり、会話をすることができる。また、バーチャルなプレゼントもしくは実際にプレゼントを交換したり、特別なプロモーションでオフラインでもデートができる。これがそのアイデアだ。アプリはローンチされているが、まだ完全には機能していない。

シードラウンドで数百万元を調達したおかげで(参考までに、200万元は約30万米ドル)、開発はスピードアップしそうだ。中国のニュースサイトYiou(優欧)によると、このラウンドには中国のモバイルメディア企業 WeMedia Group(新媒体集団)CMOの Chen Zhong(陳中)氏と中国最大の女性向けSNS の Meilishuo(美麗説)設立者 Xu Yirong(徐易容)氏らが参加したという。

Soft氏によると、Xianrou が解決しようとしているのは、「実際に会って失望しないように」ということだ。ソーシャルネットワークは現在あり余るほどあるが、オンラインで出会う場合は、カップルが実際に会ってみると相手の容姿を見て非常にがっかりすることが多いという。Xianrou は、デートの相手がセクシーな容姿であることを保証してくれる。ただ、もちろんまず彼らとデートをするには、自分自身がかなりセクシーな容姿をしていないとだめではあるのだが。

Xianrou のコンセプトを不快に感じる人も多くいることだろう。だが、「セクシーな」人向けのソーシャルメディアモデルは、欧米のサイトではある程度うまくいっている。例えば HotEnough は自分の容姿に自信があり魅力的だと自覚している人向けに作られている。Soft 氏が中国でこれを成功させることができるかは別問題だが。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

startup-member_a

Charlie Custer

Charlie Custer

チャーリー・カスターは、 ChinaGeeks.org の創立者。中国に関する、ドキュメンタリーフィルム、ライティング、取材、翻訳、ビデオ制作などを手がける。ツイッターのアカウントは、 @ChinaGeeks。

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース