「AM」の元編集長が手がける、女性が男性を「お気に入り」することで始まる恋愛応援アプリ「Poiboy」

Yukari Mitsuhashi by Yukari Mitsuhashi on 2016.1.18

poiboy_image

女性だけで集まって飲んだり食事をしたりしているとき、場の盛り上がりがピークに達する話題のひとつが、「異性の好みやタイプ」ではないでしょうか。きっとこれは女性に限らないはず。最近流行りのドラマに出ている俳優から最近出会った男性まで、お互いの好みが似ていることがわかると、「じゃあ、◯◯も好きでしょ?」など会話が尽きません。

多くの女性がリアルに体験したことがあるこのやり取りを、オンラインに持ち込んで提供するのが、恋愛応援アプリ「Poiboy(ポイボーイ)」です。女性は、男性の顔写真を左右にフリックすることで、好みの男性を簡単にお気に入り登録。また、男性をタイプでグループ分け(「コレクション」)して、女性ユーザー同士でオススメし合う機能も。自分で好みの男性を見つけるだけでなく、好みが似た女性のコレクションから男性を見つけることもできるそう。

もうひとつ、ポイボーイならではの特徴が、恋愛の始まりの主導権を女性が握っている点です。男性がリードする既存サービスが多い中、ポイボーイで行う異性間のコミュニケーションは、まず女性が男性を「お気に入り」することから始まります。女性が男性をお気に入りした時点で、初めて2人でのメッセージのやり取りが可能になる仕組みです。

アプリを見ているだけでも楽しめる

Poiboy_collection Poiboy_message

登録すると、女性には近隣県内に住む男性が1日20名提案されます。無制限に流れてくる候補者を半ば機械的に選ぶのではなく、敢えて人数を制限することでその中で一番好みの男性を選ぶようなことも出てくるはず。サービス名称の「ポイボーイ」は、女性がもっと気軽にアクションを起こせるようにという思いを込めてつけたもの。フリックのような簡単なアプリ操作で、男性の写真を見たその瞬間に感じた自分の気持ちを大切にしてほしいと考えています。

「最近はどんなサービスも検索機能が充実していて、最初から異性を絞り込むことができるようになっています。でも、最初に細かく絞り込んでしまうことで、むしろ本当に好きなタイプかもしれない人を除外してしまっているかもしれない。そう考え、敢えてランダムに選ばれた20名の男性を表示しています」(プロデューサー 鍬のどかさん)

約1ヶ月間のβ運用期間を経て今回の正式リリースに至ったポイボーイ。必ずしも「出会う」必要はなく、アプリを見ているだけでも楽しめるという新しいコンセプトが支持され、登録に対する女性ユーザーのDAUは高数字を記録しています。また、「待ち」の状態が続く男性についても、特にそれを不満に感じている様子はなく反響は上々です。

手がけるのは、人気恋愛メディア「AM」の元編集長

ポイボーイを手がけるチームの皆さん

ポイボーイを手がけるチームの皆さん(右奥が鍬さん)

ポイボーイを開発するのは、本音満載の恋愛コラムで人気の「AM(アム)」で知られるDiverse(ダイバース)です。今回取材したポイボーイのプロデューサーである鍬のどかさんは、AM立ち上げの半年後に編集長に就任し、媒体の急成長を3年間にわたって率いてきました。世間では肉食女子が増えていると言われていますが、媒体を通して見えてきたのは「いざ好みの相手を前にすると恋愛に受け身になってしまう」女性の姿でした。

「好きじゃない男性には言いたいことが言えても、気に入った相手に対しては消極的になってしまう。また、自由奔放に恋愛をしていると同性の友達に嫌われてしまうこともあるため、遠慮をしているうちに恋愛の仕方を忘れてしまう女性が少なくないように感じます」

ポイボーイが利用者ターゲットに見据えるのは、20歳から24歳くらいの女性です。まだ結婚を強く意識しておらず、自分の好きな男性のタイプを模索しているくらいの世代。これくらいの年齢から、自分の気持ちに素直になってもっと恋愛を楽しんでほしい。自分で相手を選べるポイボーイなら、この感覚をバーチャルで疑似体験できるため、リアルの恋愛でも女性の背中を押してあげられのではと考えています。

女性が一番集まるサービスにしたい

ポイボーイを使う男性の利用ステップ

ポイボーイを使う男性の利用ステップ

ポイボーイは、今後もいくつか新たな機能の実装を予定しています。例えば、男性ユーザー向けには、女性に直接働きかけずとも間接的に彼女たちの目に触れる機会を増やすような機能を。また、完全にアプリ内で完結する今の形だけでなく、もう少しオフラインの要素を加えるような機能も練っています。

「LINEやFacebookといった巨大なサービスを除いたコミュニケーションアプリの中で、女性が一番集まっているサービスに育てていきたい」と話す鍬さん。また、今回の日本国内でのリリースを皮切りに、ポイボーイは2016年度中に台湾・タイ・インドネシア・シンガポールなどアジア各国への展開も計画しています。

ポイボーイは、App Storeでダウンロードすることができます。Android版も近日中に登場する予定。サービスの紹介動画も併せてご覧ください。

Yukari Mitsuhashi

Yukari Mitsuhashi

三橋ゆか里。東京在住のTechライター。フリーランスになる前は、日本のスタートアップ数社にて勤務。彼女のブログ「Techdoll.jp」は、海外のスタートアップを日本市場に紹介している。映画「ソーシャル・ネットワーク」の日本語字幕と吹替を監修。Twitter アカウント @yukari77

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース