社外コミュニケーションも効率化ーーウォンテッドリーのグループチャットアプリ「Syncメッセンジャー」がリリース

Junya Mori by Junya Mori on 2016.1.5

ウォンテッドリー CTO 川崎 禎紀氏

ウォンテッドリー CTO 川崎 禎紀氏

ウォンテッドリーが本日、ビジネスコミュニケーションを効率化させるグループチャットアプリ「Syncメッセンジャー」をリリースした。

ビジネスコミュニケーションのチャットアプリといえば、人気急上昇中の「Slack」を思い浮かべる。だが、「Syncメッセンジャー」はSlackのような”社内”コミュニケーションだけではなく、”社外”とのコミュニケーションの効率化も目指している。

元々、「Sync」は人脈管理機能として2015年4月にリリースされた。が、その直後から「Syncメッセンジャー」の開発に着手。約8ヶ月の開発を経て、今回のリリースに至った。

関連記事

同サービスの開発責任者であるウォンテッドリー CTOの川崎 禎紀氏はこう語る。

川崎氏「単に人とつながるだけでは十分ではないということで、リリース直後から舵を切ってグループチャット機能の開発にとりかかりました。出会い、つながり、コラボレーションするところまで、このプラットフォーム上で可能にします。ウェブブラウザだけではなく、Windows、Mac、iPhone、Androidへの対応が完了したため、リリースしました」

社外とのビジネスコミュニケーションも効率化

features

「Syncメッセンジャー」に実装されている機能は大きく分けて4つ。メンション、招待、全文検索、ファイル共有、だ。

グループでの会話内で名指しでメッセージを送信することができる。自分宛てに送られたメッセージを一覧で確認することもできるようになっている。グループ内で交わされた会話の中で、優先順位の高いものを確認することが可能になる。

URLやQRコードからSyncに招待することができるようになっており、簡単にグループチャットを始めることが可能だ。ビジネス用途で開発されたグループチャットツールは、社内でのコミュニケーションを前提としている。そのため、社外のユーザを招待するまでのステップが多かった。「Sync」ではその点がクリアされている。

Facebookの「Messenger」では利用できなかった全文検索機能が備わっているため、チャットのタイトル、メッセージの本文を検索することができる。また、ファイル共有機能が備わっているため、「Snyc」内で交わされたファイルを一覧でき、スマートフォンからでもパワーポイントやワードなどOfficeファイルの閲覧が可能となっている。

10GBまでのファイル共有やスマホ・パソコンでデータ同期、スマホでパワーポイント、エクセル、PDFの閲覧にメンション機能、連絡先検索などは無料で提供されるが、全文検索や会話記録の保存、他のサービスとの連携機能を利用するには1アカウントあたり600円のプロプランにする必要がある。統計情報の利用や社員アカウント管理、社内グループ管理まで必要な場合はビジネスプランへの契約が必要だ。

社外の人と積極的に仕事をする時代に

社内コミュニケーションツールとの違いは、社外のメンバーの招待のしやすさが挙げられる。「Messenger」や「LINE」など、グループチャットアプリとの違いは、ビジネス用にサービスが設計されていることだ。

川崎氏は「FacebookやLINEなどのグループチャットは、コミュニケーション自体を楽しむためのもの。プロジェクトを前に進めるためのツールとしてはデザインされていない」と語る。グループチャットツールは出尽くしたようで、社外の人間とのビジネスコミュニケーションを効率化できるツールはまだ未開拓領域だと言える。

川崎氏「これから先、社外の人間と仕事をする機会はますます増えていきます。組織の中だけではなくて、社外の人脈を自分の力に変え、個人が力を持つ時代になっていきます。「Snyc」ではこの流れをさらに強めていきたいと考えています。

「Wantedly」は創業当初、チームプロジェクトをサポートしたいという想いからスタートしました。「Snyc」は原点に立ち返って、ナレッジワーカーがプロジェクトをスタートする際に、役に立つようなサービスにしていきたいと思います」

ウォンテッドリーが目指すのは、はたらくに関するインフラとなること。これまで実施してきたマッチングだけではなく、はたらく人たちが仕事に関連するあらゆる面で利益を受けられる状態を作ろうとしている。

昨年11月にOpen APIを本リリースし、今回グループチャットアプリをリリースしたウォンテッドリーは、2016年でどこまでインフラへと近づけるのだろうか。

Junya Mori

Junya Mori

モリジュンヤ。2012年に「Startup Dating」に参画し、『THE BRIDGE』では編集記者として日本のスタートアップシーンを中心に取材。スタートアップの変革を生み出す力、テクノロジーの可能性を伝えている。 BlogTwitterFacebookGoogle+

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース