アプリ情報サービス「Appliv」がインドとシンガポールにも順次進出、事業展開する国は合計で9カ国に

by Junya Mori Junya Mori on 2016.2.9

Appliv

ナイルが提供するユーザ参加型のスマートフォンアプリ情報サービス「Appliv(アプリヴ)」の海外展開は順調に進んでいるようだ。

同社は今週月曜日、インドとシンガポールのWebサイト「Appliv」版を今月中に順次リリースすることを発表した

ナイルは、昨年9月に海外展開を本格化させることを発表。すでに展開を開始している米国、イギリス、カナダ、オーストラリア、フィリピン、ケニア、アイルランドの7カ国に、今回発表された2カ国を加えて計9カ国で事業を展開することになる。

関連記事

複数の国々に展開しながらも、言語は英語のみ。共通した言語でありながら、国ごとサイトを分けているのは、国によって言語体系が異なっていたり、マーケットの事情が異なるためだ。

前回の取材時では、2016年春頃をめどに各国英語版の合計で数百万人のユーザ数を目指しているとコメントしていた。同社は、現在、昨年フィリピンに設立した子会社 NYLE ASIA PACIFIC においてアプリのレビュー記事を生産している。

2016年夏をめどに1カ国あたりレビュー記事数およそ10,000本まで増やしていく予定だと発表しており、レビュー記事を数多く生産していくことで、上記の目標ユーザ数の達成を目指していくと見られる。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------