マネーツリーによるファイナンスデータのクラウドサービス「MT LINK」が、みずほ銀行の「みずほダイレクトアプリ」と連携

by Junya Mori Junya Mori on 2016.2.23

MT LINK - Mizuho

金融機関によるテクノロジーへの歩み寄りが進んでいる。

マネーツリーが開発するファイナンスデータのクラウドサービス「MT LINK」が、みずほ銀行の提供する「みずほダイレクトアプリ」で採用されることが決定した。同アプリは、野村総合研究所が開発を担当している。

「MT LINK」は、銀行口座、クレジットカード、電子マネー、ポイントカードの情報を一括で取得するファイナンスデータのクラウドサービス。ユーザのお金が現在どうなっているのかを、既存のシステムと連携して活用できる。

moneytree

今回の連携では、「みずほダイレクトアプリ」内に「一生通帳 by Moneytree」の項目が追加され、入出金明細照会の閲覧期間が登録されると、口座残高が閲覧可能となる。項目が追加されるのは、4月上旬を予定。

マネーツリーは、2013年に個人資産管理アプリ「Moneytree一生通帳、 家計簿より楽チン!」の提供を開始。2014年に経費精算サービス「Moneytree PLUS」、法人口座閲覧サービス「Moneytree PRO」等を提供し、これらのサービス提供を通じて培った技術を「MT LINK」として金融機関等に提供を始めている。

今回の連携は、さらに国内における「フィンテック」への注目を高める出来事のひとつとなりそうだ。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------