「あとで読む」の Pocket、スポンサー記事の配信を開始

Yuki Sato by Yuki Sato on 2016.2.25

Image: Pocket

Image: Pocket

気になる記事を保存できる「あとで読む」サービスとして知られるアプリ「Pocket」が、無料ユーザー向けに記事タイプの広告(スポンサー記事)の配信を開始すると発表した

ファウンダーでありCEOのネイト・ワイナー氏は、ブログ上でスポンサー記事の開始について発表。まずは緩やかかつ小規模に、スポンサー記事の配信をスタートしたいと述べている。

また、今回の配信にあたって、次の点を重視したいと強調している。

  • 高品質:Pocket の使い心地が損なわれないようにユーザーが自然に感じるような形で、かつユーザーの興味に合った内容のものを配信する。
  • 透明性:スポンサー記事であることをはっきりと明示する。
  • フィードバックを歓迎:スポンサーによるコンテンツを改良していきたいので、フィードバックを歓迎する。
  • ユーザーがコントロールできる:気に入らないスポンサー記事をユーザーは非表示にできる。また、フィードバックを受け付ける。
  • プライバシーを守る:スポンサー企業がユーザーのデータにアクセスすることは決してない。

2007年にスタートしてから長年無料でサービスを提供してきたが、2014年にはオフライン表示などの機能を提供する有料のPocket Premiumをスタートさせた。今回のスポンサー記事の配信開始は、Pocket Premium のローンチに並ぶ大きな決断だ。

なお、ワイナー氏によれば、過去3年間で2200万のユーザーが20億の記事をPocketに保存しているという。昨年4月には700万ドルを調達しており、これまでの調達額は1450万ドルになる。

Yuki Sato

Yuki Sato

ベルリンを拠点に活動中のテックライター&翻訳者。欧州のスタートアップの状況を日々探索中。Twitter: @yuki_sat , Blog: serialforeigner.com

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース