楽天が東南アジア各国に展開中のマーケットプレイスを閉鎖、約150人を解雇へ

by Tech in Asia Tech in Asia on 2016.2.13

Rakuten-FINAL1

日本のEコマース大手の楽天は、プレスリリースで、シンガポール、マレーシア、インドネシアのマーケットプレイスを閉鎖することを明らかにした。さらに同社は、Tech in Asia に対して、2016年3月までにこれらのマーケットプレイスを閉鎖することを確認した。約150人におよぶスタッフが解雇されることになる。楽天は現地法に従い、解雇対象者への就職支援、退職金支払を実施する。

楽天は2009年に買収したタイのEコマースサイト Tarad についても売却に向けて作業を進めていることを明らかにした。楽天は今回の閉鎖の理由を明らかにしていないが、新しいロードマップに沿った動きだとしている。前出した東南アジアのマーケットプレイスでは、楽天は Rakuma(ラクマ) という C2C モバイルアプリのリリースを計画している。

楽天グループは2015年の連結売上で63.4億ドルを計上しており、昨年売上の53.1億ドルよりも成長を見せている。アジアからの撤退を受けて、調子のよい日本と台湾に注力するようだ。Rakuma の東南アジア市場でのリリース計画は、楽天にとって困難をもたらした。東南アジアには Carousell や Shopee というトップの C2C マーケットプレイスがあり、既にこのゲームに参加するには遅すぎたかもしれないからだ。楽天ベンチャーズは Carousell への投資家であり、この出資は東南アジアで最も成長の速い C2C アプリを、楽天の傘下におさめていることを意味する。

<関連記事>

今回の閉鎖は、楽天が東南アジアから完全撤退することを意味するものではない。楽天の東南アジア地域本部はシンガポールにあり、ここには楽天ベンチャーズや楽天トラベルなどがあり、今後も営業を続ける。

楽天の東南アジアへの進出を時系列で見てみると次の通りだ。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------