中国の最も厚顔なブロガーHan Han(韓寒)のスタートアップが900万米ドルを調達

Charlie Custer by Charlie Custer on 2016.2.6

Image credit: allogo wang on Flickr

Image credit: allogo wang via Flickr

あなたが中国のテックシーンを数年しか追いかけていないのなら、Han Han(韓寒)のことを聞いたことがないとしても許されるだろう。しかし、彼の名前が中国のウェブ業界で最も有名だったのはそう遠い昔のことではない。

当然だろう。この若き作家は自身の反体制的作品で数々の記録を塗り替え、彼の思想に富んだ(そして非常に政治的な)ブログは世界中の人々の顔をしかめさせ、中国で億単位のページビューを集めた。それから、彼は成功した作家で超有名ブロガーであるのに加えて、プロレーサーでもあるのはご存じだろうか?加えて、彼はなかなかのイケメンだ。そのことで損はしないだろう。

それはともかく、2010年に、彼は「Party(独唱団)」という雑誌を立ち上げようとした。大成功で、創刊号は100万部を突破したが、彼はそれ以降の号を発行するのに苦労した。中国の検閲システムが理由であり、刊行したかった記事やアートは物議を醸しすぎた。

最終的にPartyは幕引きとなり、2012年は、少々驚きだが、Tencent(騰訊)と組んで新しいコンセプトを持つオンラインマガジン「ONE(一个)」を立ち上げた。毎日新たな画像、記事、質問、そしてその他コンテンツを読者にお届けするマガジンだ。

その年のもっと後にアプリも出たが、その後彼とONEは目立った動きを見せなくなった。かつては有名だった彼のブログはもう2年以上も大きな更新がない。

Han Hanと新生「ONE」

しかしHan Hanは無為に過ごしていたわけではない。ONEはまだ続いており、ただし現在は主にモバイルアプリとして存在している。また、見る限り Tencent(騰訊)との連携はもう終わったようだ。ONEは3000万ユーザに上る読者を集め、一日のページビューは数百万を下らない。

しかし中国のテックニュースサイト Lieyunwang(猪雲)によると、Han HanとONEは方向性を転換し、その実現のために先日シリーズAラウンドで900万米ドルを調達したそうだ。

今回の投資は、こちらのクールな中国のスマート自転車スタートアップへの投資も行っているVC企業 China Growth Capital(華創資本)によって実行された。ONE は音声や動画コンテンツの提供など、より幅の広いメディアプラットフォームを目指すべくこの資金を活用していく予定だ。

数ある新機能の中には、読者が ONE の記事をオーディオブックのように聴くことができるものもある。同社はまた、知財の開発にも一層の重点を置いており、数百の作家やライターと契約し、今後数年で出版社やテレビ局向けのコンテンツチャネルとなることを望んでいる。

ONE が中国のデジタルメディア業界でインパクトを発揮できるかは、今後の推移を見ていくしかない。しかし、Han Han が最近スポットライトを浴びていなかったとは言え、彼が失敗すると予測するのは賢くない選択だ。ほんの数年前、彼は中国インターネット業界で誰もがその名を知る存在だったのだ。誰が、彼に再びやってのける起業家の才がないと言えるだろう?

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

Charlie Custer

Charlie Custer

チャーリー・カスターは、 ChinaGeeks.org の創立者。中国に関する、ドキュメンタリーフィルム、ライティング、取材、翻訳、ビデオ制作などを手がける。ツイッターのアカウントは、 @ChinaGeeks。

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース