2周年のSlack、230万人が毎日利用し、課金ユーザーは67万5000件、アプリディレクトリは280件に

Jordan Novet by Jordan Novet on 2016.2.14

VB Insightは、VentureBeatが提供するマーケティングテクノロジーに特化した企業向け有償レポートです。日本語版は、サンフランシスコのクリエティブ・エージェンシーbtraxが提供しています。詳しくはこちらから。

img_1035-1

チームコミュニケーションサービスのSlackが2周年を迎えた(※原文掲載日は2月12日)

そしてこのタイミングで同社は印象的な成長を示す数字を公開している。デイリーアクティブユーザー(DAU)は230万人となり、2カ月前の200万人から更に上昇している。

Slackは現在、67万5000件の課金ユーザーを持っており、これは昨年12月の57万から増加している。そして6400万ドル(110円換算で約70億円)を超える年間売上予想となっていることを同社は今日発表したインフォグラフィックスで公表している。

最近発表したSlackアプリディレクトリには、280件のアプリが登録されており、これも昨年12月の150件から順調に増加をしているようだ。そしてSlackは現在、毎月15億メッセージを送信しているのだという。

startup-member_a

SlackはMicrosoftのYammerやVMwearのSocialCast、ビジネス向けにリリースされたFacebook at Work、AtlassianのHipChat、その他、こういった商業ツール類と競合状態にある。またそれ以外にもオープンソースのツール類もある。

サンフランシスコ拠点のSlackは、会社としては2009年に創業し、昨年、28億ドルの評価額で1億6000万ドルの資金調達を実施している。従業員は369人となっている。私たちVentureBeatが取材した2014年2月12日の最初のロンチ記事はここで読める。

※訂正:初出時にDAUが2億3000万人となっておりましたが、正しくは230万人です。訂正して補足させていただきます。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

matome_banner

Jordan Novet

Jordan Novet

サンフランシスコを拠点に活動するスタッフ・ライター。ビッグデータ、クラウド・コンピューティング、ビジネスに関する他のテクノロジーについて執筆。以前は Gigaom に所属していた。

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース