ショットの改善ができる上にロストボールがゼロになるゴルフボール「BALL UP」

Norio Nakayama by Norio Nakayama on 2016.3.11

af848fb2bbc5fd88563b3694b2182388_original

ゴルフの上達には、ショットの分析が欠かせない。しかしながら、その分析を自分だけで行うのは大変に難しい。例えばフォームだけであれば鏡を使うことなどでもチェックが可能だが、実際にボールがどのように飛んだかという情報を目視だけで確認するのは大変に難しいだろう。

3044d36b8015c045c54751dfaca7fde3_original

そこでゴルフボールにセンサーを埋め込み、必要な情報をスマートフォンへと送信しようボールが「BALL UP」だ。このスマートゴルフボールはボール内部に通信するためのモジュールと各種情報を取得するためのセンサーを備えており、飛距離、スピードなどに加えて、スピンの情報を取得することができる。これら情報を使えば、自分のショットの改善点を自ら見つけ出すことができそうだ。

startup-member_a

e1ef7b0c6e9d9c78a0e7fda10f04c523_original

加えてユニークなのが、ロストボール防止機能だ。専用のピッチフォークを通じて Bluetooth によりスマートフォンと通信しているボールは、自身の位置を知らせることができる。これにより、ゴルフという競技にとって最大の問題となるロストボールを可能な限り防ぐことが可能だ。もちろん探し回る時間も体力も節約することができるため、よりプレーに集中できることになるだろう。

気になる価格だが、Kickstarter 上で基本セットが345ユーロ(約43,000円)となかなかお高め。そんなこともあってか、数件の支援しか得られず、残念ながらプロジェクト成立とはならなかったようだ。やはりわずかでもロストする可能性のあるボールに、そこまでの投資はできないということなのかもしれない。

matome_banner

Norio Nakayama

Norio Nakayama

ネットニュースや雑学、ガジェット等を紹介するブログ「エアロプレイン」管理人。R25やネット誌などに寄稿多数。JFA公認サッカーC級コーチでもある。The Bridgeでは新しいガジェットについての情報を発信予定。 BlogFacebookTwitterGoogle+

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース