中国のオンデマンド法律サービスKuaifawu(快法務)がシリーズBラウンドで1,000万米ドル調達

by TechNode TechNode on 2016.3.15

Courtroom One Gavel via Flickr by Joe Gratz
Courtroom One Gavel via Flickr by Joe Gratz

オンデマンド法律サービスプラットフォームの Kuaifawu が1,000万米ドルのシリーズ B ラウンドを完了したと土曜日(2月27日)に発表した。中国を拠点とするベンチャーキャピタルで Xiaomi(小米)の CEO、Lei Jun(雷軍)氏が共同設立者兼会長を務める Shunwei Capital(順為資本)がリードインベスターとなっている。発表によるとこのラウンドは2015年10月に終了しているという。

「速い法律サービス」を意味する Kuaifawu(快法務)は、一般向けのオンラインオンデマンド法律サービスを提供しており、主に起業家や中小企業の登記、税金、特許、商標登録を取り扱っている。

Kuaifawu の CEO、Yuri Xia(夏文奇)氏によると、従来のサービスでは20営業日以上かかっていた企業登録が同社なら18営業日で可能だという。

当社のテクノロジーは効率性と品質管理を強化したサービスを標準化しています。その上で当社では従来のサービスの3分の1の価格に抑えています。当社の顧客は65%が IT 企業、残りの35%が従来型の企業となっています。(Xia 氏)

例えば、ある会社が子会社の登録をしなければならない時、同ウェブサイトでは市場価格を比較し提供価格を下げサービス完了までの期間を提示してくれる。サイトに登録されている法律家、会計士、業務代行者には各々プロフィール欄があり、ユーザは案件完了後に各サービスに対してコメントを残すことができる。

Image Credit: Kuaifawu
Image Credit: Kuaifawu

2014年6月にローンチした Kuaifawu は、同プラットフォームに3,000人もの法律家、会計士、業務代行者やその他サービス提供者がいるとしている。

すでに多くの中規模法律事務所が当社と提携しており、また名の知れた法律事務所が同社との提携においてイニシアチブを取っています。Uber 同様、当社は会計士、法律家、代理業者や多くのサービス提供者のシェアリングエコノミーなのです。(Xia 氏)

同社のサービスはウェブサイトとアプリで利用可能で、現在は北京、上海、深圳、広州、杭州、成都、南京、蘇州、廈門、寧波、重慶、天津その他12都市で展開している。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------