リアル世界をFPSの戦場にするスマートフォンゲーム「Father.IO」今夏発売

Mayumi Ishikawa by Mayumi Ishikawa on 2016.3.22

20160317_fatherio01

現実世界をマルチプレイヤーFPSゲームの戦場にする「Father.IO」がIndiegogoに登場、すでにiOSとAndroidにて一部機能のベータテストが行われている。



FPSとはファーストパーソン・シューティングゲームの略で、プレイヤーもしくは主人公の視点でゲーム内の世界を任意で移動することができる3Dのアクションシューティングゲームを指す。

20160317_fatherio03

今回公開されたゲームの紹介映像では、実際の屋外で、8人のプレイヤー「Father.IO」をプレイしている様子が描かれている。4人ずつ「HUMANS」と「EVOLVED」の2つのチームに別れ、スマートフォンの画面を通して撃ち合い、バトルは最後の1人になるまで繰り広げられる。

ゲームモードは「大規模マルチプレイ」と「クイックマッチ」の2種類に分かれ、Ingressのように現実世界に基づいた領土を奪い合うのが「大規模マルチプレイ」、「クイックマッチ」は近くにいるプレイヤーとデスマッチ等を行うモードだ。

20160317_fatherio02

「Father.IO」をプレイするには、「インセプター」という専用のデバイスが必要。Bluetoothで接続し、50mの射程を持つ赤外線照射エミッターと、その情報を受取る6つの赤外線センサーを搭載している。

20160317_fatherio04

現在、インセプターを使用しないタクティカルマップをプレイするベータテストが公開されている。iOSは2,000人というダウンロードの人数制限があるが、Androidでは無制限。

Father.IOは夏の本格リリースに向け、Indiegogoでクラウドファンディング中。記事執筆時点で4900人が支援を行い、目標金額の5万ドル(約560万円)を大きく超える出資を集めている。

20ドル(約2200円)の出資で、Father.IOのインセプターを1台とiOS/AndroidのFather.IO専用アプリが入手できるが、残念ながら日本への配送は行っていない。

startup-member

登録無料、スタートアップ会員募集中!

ビジネスマッチングやイベント参加/登録無料(審査有)

Mayumi Ishikawa

Mayumi Ishikawa

株式会社ロフトワークに所属、デジタルものづくりカフェ「FabCafe」の広報と、ライター業の2つの仕事に従事。HDRフォトグラファー。主に海外のガジェットネタを得意とする。

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース