コントロール情報を可視化するスマートサッカーボール「INSIDECOACH」

by Norio Nakayama Norio Nakayama on 2016.3.13

5337977b16b98a22aee0c4ceef302d8b_original

世界中で多くのプレイヤー人口を抱えるサッカーでは、育成に関しても様々な科学的アプローチが導入されているが、それらは主にプレイヤーへのセンサーの付与や、ビデオ解析によるものが主であり、ボール側をセンサリングしてプレーを解析する仕組みはあまり多く見られなかった。

特に私が知りうる限りでは、低学年向けサッカーボールである「4号球」にてこの技術を導入しているものは無かったように思える。

da23deb2e6319411d3124b4b4cabf81a_original

現在Kicksterterにてプロジェクトを実施している「INSIDECOACH」は、まさにボール側にセンサーを埋め込み、コントロール情報を収集してコーチングを行うようなスマートサッカーボールだ。インパクトの力、弾道、スピード、パスやタッチの回数などを検出し、ペアリングしたスマートフォンへとWi-Fiを通じてデータを転送する。

d555ae88e20444155290483f349f378c_original

スマートフォン側のアプリではそのデータを元にしたコーチングをリアルタイムに行うことができ、たとえば個人練習時であれば、ヘッドフォンを付けて練習を行うことで、そのコーチングを聞きながら練習することも可能なようだ(サッカーの練習においてこれが現実的かどうかは若干疑問が残るが)。

なかなか面白いと思うのは、これら情報を可視化した上で、各プレイヤー間で比較してみることだ。こうすることで、それぞれのプレイヤーが自分の能力と課題を正しく認識でき、効率的な成長につなげることができるだろう。

なお、複数の同製品があった場合、どうやって個々のボールを見分けるかどうかは今のところ明らかにされていないなど、チーム利用については多少説明不足な面があることも触れておきたい。

79cc457806066fb78621a6b5353c3cd3_original

充電は非接触式のボールホルダーを通じて行うことが出来、満充電であれば、4時間の連続使用が可能になっているとのこと。この年代の標準的な練習時間を考えれば、この電池の持ちは十分と考えられるだろう。

気になる価格は、Kicksterter上では1個につき99ドルから185ドルの間に設定されており、50個セットのチームパッケージなども存在する。出荷は2016年の12月予定。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------