メルカリ子会社が直接「会って」売り買いできるアプリ「アッテ」を公開ーーメルカリと共通IDも

Takeshi Hirano by Takeshi Hirano on 2016.3.17

image

メルカリのグループ子会社のソウゾウは3月17日、個人間の”売ります・買います”アプリ「アッテ」を公開した。iOSに対応しており利用は無料。アッテは狭小の地域で利用可能な売ります・買いますサービス。自分の今いる場所をスマートフォンの位置情報で特定し、モノやサービスを提供してくれる個人と直接やりとりができる。

メルカリやオークションタイプのサービスと違い、実際に会ってやりとりをするため、クレジットカードや住所などの情報を公開することはなく、そこでの取引に関する手数料なども発生しない。

こういったサービスはクラシファイドサービスと言われ、米クレイグスリストを始めとする掲示板タイプのサービスは古くから存在している。日本でもジモティーがそのポジションに存在しており、ビジネスモデルは掲載時の情報を目立たせる広告掲載などが一般的だ。

image

アッテもほぼ同様のサービスだが、よりスマートフォン、特にチャットUIを採用してより個人間のコミュニケーションを押し出しているのが特徴になる。出品する内容もクラシファイドならではで、不用品だけでなく、例えば英会話や求人など、サービス関連のものも対象となる。

「仲間集めやイベントも可能です。自分を中心とした徒歩やバスなどの移動圏内で情報をソートできるようになっています。地図が表示されていて、例えば関係ない場所の情報は表示されません。LINEのようなUIを採用していて、欲しいものに応募をして承諾されると一対一のチャットが始まる仕組みになっています」(ソウゾウ代表取締役の松本龍祐氏)。

ところで直接会って取引することになるので、少し心配になるのが安全性だ。この点について聞いたところ、メルカリIDをうまく活用することである程度の問題を解消するということだった。

「メルカリと共通のIDを使うので、あちらで利用されている方は信用情報が引き継がれることになります。また、このC2Cというのは過去に大手SNSがいろいろ乗り越えてきた道のりもあるので、トラブルも発生するかもしれませんが、メルカリの豊富なリソースを活かして対応していきたいと思います」(松本氏)。

因みにメルカリには小泉文明氏がいるが、彼は元ミクシィであり、松本氏の言う「大手SNS」の本丸で長らく経営陣を務めてきた。現在、メルカリには元ミクシィの人材も多く在籍しているという話も聞くので、そういう業界内の経験値が活用される可能性は大いに考えられる。

国内C2Cで「スマホ・クラシファイド」タイプのサービスはドリコムも参入するなど「2匹目のドジョウ」よろしく各社が虎視眈々と狙っているカテゴリになる。メルカリの大成功がこのカテゴリでも成立するのか、注目が集まる。

 

Takeshi Hirano

Takeshi Hirano

ブロガー。TechCrunch Japan、CNET JAPANなどでテクノロジー系スタートアップの取材を続け、2010年にスタートアップ・デイティング(現THE BRIDGE)を共同創業。1977年生。(株)THE BRIDGE代表取締役

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース