世界各国で好評を得る、韓国発の看護師向けシフト勤務スケジュール管理アプリ「MyDuty」

beSUCCESS by beSUCCESS on 2016.3.11

myduty_featuredimage

看護師の周りにいたことがある人なら、一度は彼らの洗練された「シフト勤務スケジュール」を見たことがあるだろう。

午前、午後、夜間、平日、週末…曜日別、時間帯別の担当者のイニシャルで整理されたスケジュール表は、看護師の知人、恋人、家族と会える日時を設定する際、確認が必要不可欠なものの一つだ。

看護師をする母親の行動から、スケジュール表を進化させる必要を痛感

母親が看護師で、家には常に家族全員のために、紙の勤務スケジュール表が置いてあった。母のおかげで創業したと言っても過言ではない。家族全員が集まって食事をするにはスケジュール表を確認する必要があったが、複数人で共有するのは難しかった。この問題をスマートに解決したかった。

4wheels(포휠즈)代表のチョン・ソクモ(정석모)氏は、看護師向けシフト勤務スケジュール管理アプリ「MyDuty(마이듀티)」の開発に至った背景を語った。(編注:アプリは Google Play / iTunes AppStore からダウンロードできる。)

MyDuty は、シフト勤務をする看護師のためのダイアリーアプリで勤務管理、勤務予定表の共有、休暇管理、グループ専用のプライベート掲示板、スマートフォンのカレンダーアプリとの連動などの機能を提供する。

sokmo-jung

4wheels 代表 チョン・ソクモ氏

特に、子供の頃ジョン氏が最も面倒だった「日程の共有機能」も重要な機能として含まれている。同じ病棟の仲間、学校の友達、家族、恋人と「グループ」を作成でき、アプリを通じてスケジュールをリアルタイムで確認できるようにしており、その他ウェブリンク、Facebook、カカオトーク、カカオストーリーなどのソーシャルネットワークサービスからも共有することがすることができる。

ジョン氏は、現在も看護師として勤務する母親からのサービス機能の開発などに多くのアドバイスを得ていることを明らかにした。 共に休みの日、共に勤務の日などをカレンダーから一目で確認できるようにしたのもアドバイスをもとにした機能の一例だ。週末に勤務する看護師は、平日に一人で休みの日が生じるため、同僚や知人と一緒にスケジュールを計画できるように開発された機能だ。

ジョン氏は、MyDuty もう一つの重要な機能として、スケジュール表を簡単に管理できることを挙げた。MyDuty は、スマートフォンアプリとウェブで管理できるように開発されており、看護師は、デイ(午前7:00〜午後3:00)、イブニング(午後3:00〜午後11:00)、ナイト(午後11: 00〜午前7:00)、教育、オフ、休暇などのキーワードをクリックして詳細時間を選択、勤務表に適用することができる。また、使いやすさを考え、キーワードやカレンダーに表示される色を変更できるようにもした。

6言語に対応

現在 MyDuty は韓国語、ドイツ語、スペイン語、英語、日本語、中国語(簡体字)で提供されている。MyDuty のサービスの総ユーザの68%は韓国国内、32%は海外のユーザだ。アプリ内掲示板で受け取ったエラーやサービス改善に関連した投稿も、50%が外国人のユーザが作成したもので海外ユーザの割合が高い。

4wheels は、特に海外にオペレーション人材を置いたわけでも、海外でマーケティングを実施したこともなく、ユーザの口コミによりサービスが伝わっている。チョン氏は、その背景を次のように説明した。

サービスをリリースした当時、とりあえず1年だけ運営してみようした。こんなに海外からユーザを獲得できるとは思わなかった。しかし、海外の看護師のニーズも韓国と同じだった。スケジュールを簡単に作成し、共有できる機能が海外ユーザーから好評を得ている。

MyDuty は海外市場の中でも、特に香港、イギリス、ドイツで活発に使われている。

サービスが口コミで伝わり、翻訳を手伝うのでサービスに適用してほしいという要請が多数のユーザから来ている。

彼はそう付け加えた。 現在 MyDuty が提供する6つの言語の中でスペイン語がまさにその例だ。

ユーザやユーザの知人が、このようなメールを頻繁に送ってくる。

インタビューをした日にもチョン氏は、イタリアのユーザーから MyDuty の翻訳をしたいというメールを受け取り、すぐに作業に入った。

すべてのシフト勤務者のためのアプリが最終目標

4wheels のチョン氏は、MyDuty の経験をもとに、看護師だけでなく、さまざまな業種の交代勤務者のための汎用的なサービスを、今年下半期に発売する計画だ。

4wheels は、は、工場勤務者、アルバイト、医師、消防士などさまざまな業種を網羅するサービスを開発中だと明らかにした。

シフト勤務という特性上、ユーザが休みの日に一人であることを考慮して、一緒に休む同僚とできる何かをお勧めしてくれるコンテンツ型広告によるビジネスモデルが開発できるだろう。

現在 MyDuty のアプリ内には看護師のコミュニティが運営されている。「私は海外派遣看護師」「私たちはドバイに行った」などの海外派遣看護師の生活を描いたコラムをはじめ、看護師の生活の話を盛り込んだ匿名掲示板がある。

現在は、このコミュニティを活用して MyDuty のマーケティングとプロモーションを進行中だが、今後、さまざまなO2Oサービスと接続して MyDuty ユーザだけのメリットを提供できるようになるだろう。

4wheels がシフト勤務者のための汎用的なサービスを開始し、世界中のユーザによるインタレストベースののコミュニティを活用して、さまざまなビジネスモデルを生み出すことに期待したい。2月26日に登録ユーザ数10万人を突破した MyDuty が、今後どのような歩みをしていくかが注目される。

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

beSUCCESS

beSUCCESS

beSUCCESSは、国内企業の海外進出を支援するためのメディア会社で、スタートアップのインタビュー、資金調達の記事など、様々なニュースをハングル/英文で取材し、全世界に韓国のスタートアップのニュースが発表されるように努めています。

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース