ファッションECへの顧客誘導を展開するニューワールドが、ファッション動画サイト「MIRROR(ミラー)」をローンチ

Masaru IKEDA by Masaru IKEDA on 2016.3.4

mirror_featuredimage

ニューワールドは2日、潜在的な購買ユーザをファッション動画からeコマースへと誘導するサービス「MIRROR(ミラー)」をリリースした。女性ユーザをターゲットにしており、スマートフォンからアクセスすることができる。同社にとっては、「Guider(サービス名はローンチ当時のもので、現在は Recommend Room というサービスにリダイレクトされる)」「imanee(アイマニ)」に続く3つ目のサービスとなる。

また、MIRROR のローンチとあわせ、同社では活動拠点を創業の地である福岡から、東京・西新宿にあるサイバーエージェント・ベンチャーズ(CAV)の Startup Base Camp に移したことも明らかにした。同社は2015年5月、CAV の Seed Generator Fund から1,000万円を資金調達している。

MIRROR は YouTube などにアップロードされた衣料メーカー制作のプロモーション動画などを活用し、着用している日常シーンをイメージしやすくしたキュレーション・サイト。動画の下には販売先へのリンクが用意されており、imanee(アイマニ)のときと同様、誘導した顧客のコンバージョンにより収入が得られるアフィリエイト・モデルでマネタイズするようだ。

mirror_screenshot1 mirror_screenshot2

先日、KDDI∞Labo第9期Demo Day でも ViC というサービスが登壇していたが、質感や着心地の確認を求められるファッションにおいて、インターネットごしに、そのようなコンテキストを購入前に伝えるのは非常に難しい。ニューワールドが「imanee」の運営で獲得したノウハウを糧に、その問題解決に乗り出した格好だ。

ニューワールド代表取締役の井手康博氏は、サービス名の由来でもあるように「”鏡”でおしゃれな自分を見てワクワクしてほしい、そのきっかけとなるファッション動画サービスにしたい」と語り、「動画を見て欲しいものがあればスムーズに買い物までできる」という体験を追求していきたい、としている。

MIRROR は現在、モバイル向けのウェブサービスとして提供されているが、将来的には、モバイルアプリのローンチも計画しているとのことだ。

Masaru IKEDA

Masaru IKEDA

1973年大阪生まれ。インターネット黎明期から、シンクタンクの依頼を受けて、シリコンバレーやアジアでIT企業の調査を開始。各種システム構築、ニッポン放送のラジオ・ネット連動番組の技術アドバイザー、VCのデューデリジェンスに従事。SI、コンサルティング会社などを設立。Startup Digest(東京版)キュレータ。

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース