全国の公園情報を集約した「PARKFUL」が公園情報を編集できる専用エディターアプリをリリース

Yukari Mitsuhashi by Yukari Mitsuhashi on 2016.3.16

PFedtr_image

全国には、国や自治体によって整備されている公園が10万ヶ所あるのだと言います。東京都内だけでも、約6,400の公園が存在します。そんな全国の公園の情報を集約したアプリが「PARKFUL」です。PARKFULを運営するベンチャー企業「コトラボ」が、公園情報を編集できるエディターアプリ「PARKFUL Editor」をリリースしました。

PARKFULは、子供がいる両親にとって、今いる場所の近くの公園を探したり、週末に遊びに行ける公園を探すといった形で利用されています。各公園には、設備情報や写真や利用者のコメントなどが掲載され、気になった公園はお気に入り登録することができます。利用者の中には、スタンプラリー感覚で次々と公園を制覇している人もいます。

ユーザーが公園情報を編集できるようになるPARKFUL Editorは、アカウント登録をすれば、誰でもコンテンツを編集することができます。新たに公園を追加することはできませんが、編集した内容は即時サービスに反映される仕組みです。より多くの公園ファンにコンテンツ作りに参加してもらうことで、日本全国の公園情報の充実を期待しています。

運営会社であるコトラボは、遊具やベンチなど屋外公共空間向け家具を製造販売するコトブキの100%子会社として、2014年7月に設立されました。コトブキ「パブリックスペースを賑やかにすることで、人々を幸せにする」というの企業理念を実現するために、ものづくりだけでなく、ソフト面でできることを検討した結果、ITに特化したコトラボが誕生しました。

「ソフトの力で公園を賑やかにして、みんなが公園に行くきっかけを作るにはどうしたら良いのかと考えた時、そもそも自分たちがあまり公園を「知らない」ということに気が付きました。探してみると、公園の情報は自治体や管理者ごとにバラバラにしか存在しません。そこで、公園の情報を集約したスマートフォンアプリ「PARKFUL」を立ち上げました」(梅村夏子さん

初期の地図上に公園がマッピングされたシンプルなアプリから、ユーザーからの要望を聞き入れることで、公園を紹介する独自コンテンツや投稿機能などを追加して今に至ります。今後も、「公園に行きたくなる」アプリを目指して開発に取り組んでいきます。

startup-member

登録無料、スタートアップ会員募集中!

ビジネスマッチングやイベント参加/登録無料(審査有)

Yukari Mitsuhashi

Yukari Mitsuhashi

三橋ゆか里。東京在住のTechライター。フリーランスになる前は、日本のスタートアップ数社にて勤務。彼女のブログ「Techdoll.jp」は、海外のスタートアップを日本市場に紹介している。映画「ソーシャル・ネットワーク」の日本語字幕と吹替を監修。Twitter アカウント @yukari77

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース