Rocket Internetの中東向けeコマースマーケットプレイス「Wadi」が、シリーズAで6,700万米ドルを調達

Tech in Asia by Tech in Asia on 2016.3.1

wadi_featuredimage

Rocket Internet と南アフリカの通信大手である MTN の合弁企業、The Middle East Internet Group(MEIG)は本日(原文掲載日:2月14日)、同社のeコマースポータルである Wadi が、シリーズ A ファンディングで6,700万米ドルの出資を確保したと発表した。今回のラウンドは、サウジアラビアに本拠を置く Al Tayyar Travel Group が主導した。

アラブ首長国連邦(UAE)とサウジアラビアでビジネスを行う Wadi は、2015年に操業開始し、15万点以上の商品を扱っているとする。同サービスは、Rocket の他の e コマースポータル、DarazShop と同じく managed marketplace(管理されたマーケットプレイス)モデルを採用している。

MEIG の常務取締役 Dr Eyad Alkassar 氏が Tech in Asia に語ったところによれば、この資金の一部は、中東と北アフリカ(Middle East and North Africa、MENA)での更なるビジネス拡張、業務とカスタマサービス統合のために使われることになっている。しかし、彼は詳細な情報の開示と、資金調達後の企業価値の見通しについての議論はしなかった。

最大の出資者である Al Tayyar Travel Group は E メールでの声明において、同社が Wadi に運送、物流、ビジネス遂行のサポートをすることを表明した。Al Tayyar Travel Group はまた、オンラインタクシーのスタートアップである Careem の主要な出資者であり、同社の中東とパキスタンでの地位をさらに強固にすべく、最近6,000万米ドルを出資している。

Al Tayyar の CEO である Abdullah Bin Nasser Al Dawood 氏は次のように述べている。

今回の出資で、The Al Tayyar Travel Group は、オンラインビジネスにおける3つの最大かつ成長が見込まれる分野をカバーすることになりました。それは旅行、一般小売業、そしてシェアードエコノミーです。

MEIG は中東におけるウェブビジネスの成長加速のために2013年に創設された。同グループは現在、Wadi、Helpling、Vaniday、Easytaxi、Lamudi、そして Carmudi を運営している。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

Tech in Asia

Tech in Asia

Tech In Asiaは、アジアに焦点を当てたテックやスタートアップのニュースを提供するため、2011年に設立。 インターネット・コミュニティ、とりわけ、アジアの発展に貢献すると考えている。月間140万ページビューを誇り、最も速く成長を遂げるウェブサイトの一つである。 読者は、主に起業家、マーケッター、企業の重役、学生など。

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース