アーリー向けVCのCherubic Ventures(心元資本)が1.2億米ドルのファンドを組成し、上海オフィスを開設

e27 by e27 on 2016.3.25

Cherubic Venturesの設立者Matt Cheng氏

Cherubic Ventures の設立者 Matt Cheng 氏

アーリーステージ向けベンチャーキャピタルの Cherubic Ventures(心元資本)が1億2,000万米ドルのファンドを立ち上げることを発表した。これは SaaS、バーチャルリアリティ、ロボティクス、マシンラーニングの他、アメリカ、中国、東南アジアにわたるクロスボーダー EC 等のハイテク業界に投資される予定である。

この新規ファンドは先週(3月上旬)上海で開催された Cherubic Ventures の年次投資サミットで発表されたが、プレスリリースによれば、すでに7,000万米ドル以上を集めているという。

Cherubic Ventures はまた、上海に新たにオフィスを設立し、アジアやアメリカでのグローバルフォーラムを積極的に主催する予定である。同社は現在北京、台北、サンフランシスコにオフィスを構えている。

Cherubic-Venturess-Guest-Canvas

エンジェル投資家のMatt Cheng(鄭博仁)氏により2010年に設立されたCherubic Venturesは、シード資金を有能な起業家に提供するアーリーステージベンチャーキャピタルだ。同社はこれまでにシリコンバレー、中国、東南アジアにおいて90社近くに投資してきた。投資先には AirHelp、Chaldal、Hyperloop、Spottly、TechNode(動点科技)等がある。

【via e27】 @E27sg

【原文】

e27

e27

E27 は、アジアのテクノロジー業界に特化したメディアです。シリコンバレー・スタイルの、コミュニティ主導によるアジアのテクノロジー・イノベーションを牽引したいと考えいます。年に一度、アジア最大のテックイベント「Echelon」を主催しています。

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース