ホームセキュリティ「Secual」がスマートドアホン「TATERU kit」を開発するインベスターズクラウドと戦略的資本提携

by Junya Mori Junya Mori on 2016.3.25

Secual

スマートホームセキュリティデバイス「Secual(セキュアル)」を開発する Secual が、アパート経営サポートアプリ「TATERU(タテル)」の開発・運営を行うインベスターズクラウドとの戦略的資本提携を発表した。今回の提携により、「Secual」がインベスターズクラウドの開発するスマートドアホン「TATERU kit」 へと導入される。

「Secual」は、窓やドア等にデバイスを貼り付けておくことで、部屋への侵入行為が行われるなどの異常を検知し、スマホへと即座に通知が届くサービス。「Secual」が導入されるスマートドアホン「TATERU kit」は、室内に設置したタブレットがスマートフォンと連動し、外出先からでも来訪者の様子を映像で見ながら受話応答、不在時の室内確認など行うことができるデバイスだ。

スマートドアホン「TATERU kit」は、インベスターズクラウドとFORMULAが共同で開発している。両社は2016年2月に「TATERU kit」の販売のため、合弁会社iApartmentを設立。「TATERU kit」は、2016年9月に量産化、販売開始を予定している。

TATERU kit central control

「TATERU kit」は、室内に設置するタブレットを中央のコントロール装置とし、様々なIoTデバイスとの連携を図っていく方針だ。スマートロックの分野では、すでにQrioと技術提携を実施。連携するIoTデバイスのひとつとして、「Secual」も新たに名を連ねる。

iApartmentが注力するのは、「民泊×IoT」の分野。日本でも民泊への注目が集まっている一方で、セキュリティ面の対応は間に合っていない。「TATERU kit」 や「Secual」のように、低コストで導入でき、スマートフォンと連携するセキュリティサービスのニーズは、今後高まっていくと考えられる。

「Secual」は、クラウドファンディングによって資金を募り、製品を開発。その後、製品を販売していくにあたって、様々なアプローチを試していた。「TATERU kit」 とセットで「Secual」を販売することができれば、相性の良いユーザに買ってもらいやすくなるだろう。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------