Snapchatは今年、少なくとも3億ドルの売上を生む

Junya Mori by Junya Mori on 2016.3.8

Snapchatの「ライブストーリー」機能でオスカーの授賞式が配信されている様子

Snapchatの「ライブストーリー」機能でオスカーの授賞式が配信されている様子

<ピックアップ>Snapchat Thinks It Will Generate at Least $300 Million in Revenue This Year

日本でも流行の兆しが見えてきている「Snapchat」。世界では1日の動画視聴回数が80億回に上り、1日のアクティブユーザ数は1億以上、デイリーの平均アプリ使用時間は30分ほどという驚異的な数字となっています

Re/codeの記者が関係筋に確認していったところ、どうやらSnapchatは今年3億ドルから3億5千万ドルほどの売上を見込んでいるそうです。2015年の売上予測は、5000万ドルだったので、大きく成長していることが見て取れます

Snapchatの売上は広告がメイン。最近ウェブからも閲覧可能になった機能「Live Story」ではビッグイベントのライブ配信にスポンサーがつくようになり、直近ではNFLの「Super Bowl」が話題となっていました。「Live Story」は体験もビジネスモデルもテレビ的です。

あとは、写真フィルターへのスポンサードも売上の柱となっているようです。Snapchatには毎度毎度驚かされます。来年にはどんなプラットフォームになっているのでしょうか。

via Re/Code

Junya Mori

Junya Mori

モリジュンヤ。2012年に「Startup Dating」に参画し、『THE BRIDGE』では編集記者として日本のスタートアップシーンを中心に取材。スタートアップの変革を生み出す力、テクノロジーの可能性を伝えている。 BlogTwitterFacebookGoogle+

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース