スマホでマッサージ師を呼べる「Soothe」が3,500万ドルを調達、黒字化に向けて動く

by Yukari Mitsuhashi Yukari Mitsuhashi on 2016.3.26

Soothe

<Pick Up> Soothe raises $35 million to accelerate on-demand massage growth

日常的なちょっとした不便に対して、必ず何かしらのオンデマンドサービスが存在するこの頃。何千人というアクティブユーザーがいるという「Soothe」は、好きな時にマッサージ師を呼べるアプリです。

そんなSootheが、3月10日にシリーズBで3,500万ドルを調達したことを発表しました。出資したのは、クリーブランドに拠点を構えるプライベート・エクイティ・ファームの「The Riverside Company」一社です。これでSootheは、2015年頭の創業期から、約4,800万ドルを調達したことになります。

今回の調達でさらにサービスを拡大し、黒字化を目指すとのこと。現在、売り上げは毎月20〜30%の伸びを見せています。

CEOであるMerlin Kauffman氏は、Forbesの取材に対して持続可能なビジネスモデルがあると断言。「一般的に15%のマージンが必要だと言われているが、そんなマージンでどう黒字化できるのかわからない」とコメントしています。

Sootheに登録するマッサージ師の数は、3,200人。価格帯はというと、1時間99ドル(チップは不要)で、このうち70ドルをマッサージ師が受け取る仕組みです。

via. Forbes

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------