共有カレンダーアプリ「TimeTree(タイムツリー)」が、ローンチから10ヶ月で100万ユーザを突破

beSUCCESS by beSUCCESS on 2016.3.11

timetree_featuredimage

共有カレンダーアプリを開発する JUBILEE WORKS は、同社を代表するアプリ「TimeTree(タイムツリー)」がサービス開始から10ヶ月で100万ユーザを突破したと明らかにした。 TimeTree は、カカオジャパンの前代表であるパク・チャジン(朴且鎭/박차진)氏が深く関与し2015年に始めたサービスで、現在、日本が60%、次いで韓国、台湾、アメリカの順にユーザが増加している。

TimeTree は、子供の学校のスケジュールや課外活動のスケジュールなど、家族間でスケジュールを共有することができ、出張、会議、会食など、チーム単位予定表の共有も可能だ。すべてのメンバーが1つの共有カレンダーに予定を記入するため、グループのスケジュールを簡単に把握することができ、メンバー間でスケジュール調整が必要な場合には、アプリ内でコミュニケーション環境が提供される。また、キープ機能により、まだ日が決まっていないスケジュール、メモ、To Do などを格納でき、他のユーザとリアルタイムでスケジュールを調整することが可能だ。

TimeTree は、韓国、日本、中国、台湾、香港、マカオの6つの地域でベスト新規アプリとして推薦を受けており、2015年末には、韓国と日本で「App Store Best of 2015」に選ばれた。

(2016年3月11日更新:原文修正に伴い、下線部を追記し訂正線部を削除)

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

beSUCCESS

beSUCCESS

beSUCCESSは、国内企業の海外進出を支援するためのメディア会社で、スタートアップのインタビュー、資金調達の記事など、様々なニュースをハングル/英文で取材し、全世界に韓国のスタートアップのニュースが発表されるように努めています。

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース