洋服のサイズレコメンド「unisize」とファッションレンタル「airCloset」が業務提携、顧客体験向上を図る

Yukari Mitsuhashi by Yukari Mitsuhashi on 2016.3.8

Unisize-logi airCloset-logo

2月8日にサービスを開始した洋服サイズのレコメンドシステム「unisize(ユニサイズ)」。女性向けファッション通販「夢展望」にすでに導入され、リリースから1ヶ月ほどが経ちましたが、企業からの問い合わせ数は順調に伸び、早ければ4月から数社への導入を開始する予定です。

そんなユニサイズを運営するメイキップが、ファッションレンタルプラットフォーム「airCloset」を展開するエアークローゼットと業務提携したことを発表しました。お互いに洋服のサイズに関する情報提供を行うことで、両サービス上で、より身体にフィットしたサイズが推奨できるように精度の向上を図り、顧客満⾜度を高めていく狙いです。

メイキップはエアークローゼットに対し、ユニサイズによるサイズレコメンド情報を提供。こうすることで、airClosetのスタイリストは、ユーザーの身体によりフィットした洋服を届けることが可能になります。これまでは、初期登録時や顧客とのやりとりの中でサイズを把握・調整していく仕組みだったため、顧客のサイズ把握の期間を圧倒的に短縮することができます。

一方のメイキップは、エアークローゼットからユーザーに送られた洋服のサイズに対する生のフィードバックを受けることで、ユニサイズのサイズレコメンドシステムの精度向上に活かしていくとのこと。2016年4月以降には、airClosetのユーザーに向けて届いた洋服のサイズのアンケート収集を開始していく予定です。

Yukari Mitsuhashi

Yukari Mitsuhashi

三橋ゆか里。東京在住のTechライター。フリーランスになる前は、日本のスタートアップ数社にて勤務。彼女のブログ「Techdoll.jp」は、海外のスタートアップを日本市場に紹介している。映画「ソーシャル・ネットワーク」の日本語字幕と吹替を監修。Twitter アカウント @yukari77

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース