WeChat Pay(微信支付)、中国人旅行者のマネーを獲得すべくグローバル化

Tech in Asia by Tech in Asia on 2016.3.11

wechat-pay

Apple PaySamsung Pay が中国に進出した今、中国での電子決済市場をめぐる争いは激しさを増している。しかし、WeChat Pay(微信支付)は正反対の方向に向かおうとしている。同サービスは、国外ベンダーへのサポートを開始することを昨日(2月25日)発表した

このシステムでは、中国のユーザは自らの WeChat Pay アカウントに人民元ベースでお金を保管できる(現在そうしているように)。しかし新たに、WeChat Pay は9つの異なる外貨(米ドル、英ポンド、香港ドル、日本円、カナダドル、ユーロ、豪ドル、ニュージーランドドル、韓国ウォン)によるベンダーへの支払いをサポートするようになった。これにより、取引にかかわる全員、つまり中国人旅行者と国外のベンダーは、自分に都合の良い通貨を使うことが可能になる。外貨の両替レートは WeChat Pay のパートナーとなる中国の銀行により定められ、また、海外送金にかかるあらゆる費用は WeChat Pay が支払うことになっている(ただし、中間銀行や受け取り銀行側でかかる費用は支払われない)。

WeChat はまた、海外ベンダーの WeChat アカウント設定を行っている。中国人旅行者が WeChat Pay で支払いを行うと、彼らは自動的にベンダーのアカウントをフォローするようになり、中国に帰った後も、そのベンダーからリモートで追加の買い物をすることができるようになる。

本サービスに興味を持った海外ベンダーは、こちらのページの案内にしたがってサービスに参加することができるが、今のところ英語のみ利用可能のようだ。現時点では、そのプロセスは少々やっかいである。まずは Microsoft Word の書類に記入し、それを Tencent(騰訊)の担当者に eメールし、同社からの承認を待ってはじめて、最終的な契約書にサインして、アカウント設定をしてもらうことができる。しかし同サイトは確かに「ベータ版」を名乗っているので、Tencent が将来、よりスムーズなプロセスを導入する計画であると信じたい。

中国国外のベンダーにとって、WeChat Pay のサポートを設定することは、中国本土からの旅行者を除いた顧客に関しては、ほとんど意味がないかもしれない。しかし、中国人旅行者が数多く訪れるような地域であれば、設定の手間をかける価値は十分あるだろう。中国人旅行者は2015年におよそ2,300億米ドルを海外で消費しており、一人当たりの消費額もほぼ世界最高になっている。中国人旅行者の買い物に向けて、WeChat Pay のように彼らが慣れ親しんだ e ペイメントを準備しておくことは、旅行者に人気のある地域での売上に大きな影響を与える可能性がある。そして、中国国外のショップが、WeChat をベースにした便利な e コマースを始める一助にすらなり得るだろう。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

Tech in Asia

Tech in Asia

Tech In Asiaは、アジアに焦点を当てたテックやスタートアップのニュースを提供するため、2011年に設立。 インターネット・コミュニティ、とりわけ、アジアの発展に貢献すると考えている。月間140万ページビューを誇り、最も速く成長を遂げるウェブサイトの一つである。 読者は、主に起業家、マーケッター、企業の重役、学生など。

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース